難しくて面白い「アカムツジギング」入門:代表的なヒットパターン4選

難しくて面白い「アカムツジギング」入門:代表的なヒットパターン4選

一筋縄ではいかないアカムツジギング。とはいえ、狙い続けることで見えてきたことも。今回は、ヒットパターンについて解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

ジグで狙うアカムツ

スローピッチジャークが認知されるようになり、ジグで狙えるターゲットは格段に増えました。アカムツもその代表的なターゲットだと思います。一癖も二癖もあるターゲットがアカムツですが、ジグで狙い続けることで何かしら見えてくるものがあるように思います。

ジギングで釣るには、けして簡単なターゲットではないアカムツの釣れたパターンを考えることでイメージを膨らませて今後のアカムツ攻略の糧に出来ればと思います。

アカムツジギングは難しい

2014年からアカムツジギングに取り組んでますが、アカムツは何度釣っても難しい魚だと思います。その理由は、やはりたくさん釣れないことが一番の理由です。

難しくて面白い「アカムツジギング」入門:代表的なヒットパターン4選ハマれば良い釣果に恵まれることも(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

一般的な魚なら、ある程度の数を釣り上げることでバイトするパターンを数多く経験できて、その魚のクセ、習性などを理解出来るでしょう。このジグへこう反応するからこうしよう、などとその魚のことを理解することで、ジギングという想像の釣りの理解が進み、その魚の釣り方が構築されていくように思います。

アカムツはその点で考えると圧倒的に釣れないので、どうしてもアングラーの理解度は経験値の無さから進みにくいものです。

ジャークパターン

ジグを動かすジャークという動作から釣れるパターンを見てみると、数パターンあることがわかります。

スロージャーク+フリーフォール

スローに大きくジグを上方に動かし、ティップが返った後、ジグをフリーフォールさせる。

スロージャーク+テンションフォール

同様にジグを跳ね上げ、ティップが返った後、張らず緩めずでテンションフォールさせる。

ショートピッチジャーク

1段強めのロッドを用いて、リールのキックを併用して素早くジグを飛ばすイメージで操作する。

スローリフト

ロッドティップは返さずにジグの重さを受け止めながら、ジグのリフト&フォールを繰り返す。

いずれのロッド操作でも、アカムツのバイトを得ています。青物ジギングでのジグ操作のイメージが強いアングラーには違和感があると思いますが、アカムツは特にジグが横にならなくてもバイトしてきます。

次のページでバイト時のパターンを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。