東京湾スミイカシーズンが開幕 基本的な釣り方と最新の釣況を紹介

東京湾スミイカシーズンが開幕 基本的な釣り方と最新の釣況を紹介

スミイカ釣りは、ズシンと竿先に伝わる重みが痛快だ。ここでは、シーズンを迎えた東京湾の各船のスミイカの釣況と、その基本的な釣法を解説するので参考にしてほしい。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

東京湾各船のスミイカ釣況

東京湾鶴見潮見橋の新明丸では、シャコテンヤ+胴突きスッテで狙う。12日はトップ19尾でツ抜け多数。

金沢八景の弁天屋は午後からの半日船で中オモリ+エギで狙う。11日午後は0~5尾。10日はトップ7尾が2人。

一之瀬丸ではスポットで出船を開始。一日船はシャコテンヤ、11月~は定期出船を予定。午後船は中オモリ+エギで、11日はアオリ交じりで0~5尾。

横浜山下橋の黒川本家でもスポット出船。要問い合わせ。

東京湾スミイカシーズンが開幕 基本的な釣り方と最新の釣況を紹介シーズン開幕のスミイカ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年10月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。