船「オナガ&イサキ」釣りステップアップ解説 バラシ対策マル秘仕掛け

船「オナガ&イサキ」釣りステップアップ解説 バラシ対策マル秘仕掛け

船から狙うオナガやイサキは、バラシがつきもの。今回は、バラシを軽減するための仕掛けへの「ひと工夫」を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。〝鼻が利く〟ことで親しまれ、「釣食」がモットー。

×閉じる

船釣り エサ釣り

バラシ対策が重要

船から狙うオナガやイサキは、バラシがつきもの。オナガはチモト切れ、イサキは口が弱く、すっぽ抜けが原因だ。バラシをなくす方法を考えるうちに、面白い仕掛けに巡り合った。考案者に実際に同行し、その妙技を見せてもらった。

船「オナガ&イサキ」釣りステップアップ解説 バラシ対策マル秘仕掛けオナガの上アゴにしっかり刺さる(提供:TSURINEWSライタイー松田正記)

釣れた魚を観察

釣れたオナガやイサキを見ると、どれも上アゴにハリがしっかり刺さっている。イサキはハリを飲み込んでいる時もある。この場合だとバラシは考えにくいが、やり取りの最中、チモトから切られたり、すっぽ抜けたりすることが頻繁にある。チモト切れは鋭い歯を持つオナガ。すっぽ抜けは口が弱いイサキと推測される。

いずれにしてもバラシは魚に警戒心を与え、釣れなくなる。そこでヒントをくれたのが熊本で漁業を営む杉内さん。上アゴを捉えるハリでバラシが軽減したという。

船「オナガ&イサキ」釣りステップアップ解説 バラシ対策マル秘仕掛け上アゴを捉えるハリでバラシが軽減(提供:TSURINEWSライタイー松田正記)

上アゴを捉えるハリとは

杉内さんによると、ハリの選び方は至って簡単。オナガやイサキによく使うチヌバリにカン(穴)が付いたものをチョイス。通常はカンにハリスを通して軸(チモト)に結ぶが、杉本さんはハリスをカンに通し、ハリスの先端に結び目を作るだけ。

これだとチモトが固定されず、ハリがフリーになってグルグルと回る。これにオキアミを付けると、魚がエサを吸い込む瞬間に上アゴに刺さるという。

船「オナガ&イサキ」釣りステップアップ解説 バラシ対策マル秘仕掛け上アゴに刺さるハリ(提供:TSURINEWSライタイー松田正記)

ハリが抜け落ちない工夫

だだし、結び目だけではハリが抜け落ちることもあるので、ハリと一緒に専用のリングも装着する。

これもシンプルで、ハリのカンをペンチで切ったものをリングとして代用。カンにハリスを通す際、一緒にリングにも通し、ハリスの先端を結ぶ。方法は簡単だが、釣り場では面倒な作業なので、予め何本か作っておくといいだろう。

船「オナガ&イサキ」釣りステップアップ解説 バラシ対策マル秘仕掛け拡大したセット部分(提供:TSURINEWSライタイー松田正記)

実際に同行

実際に同行し、一緒にサオを出した。私は一般的な仕掛けで、杉内さんは新しい仕掛け。この日、2人のサオは交互に曲がり、オナガやイサキが次々に上がった。

2時間のサオ出しだったが、私のバラシは4回。杉内さんは1回もなく、その差は歴然。杉内さんの釣り上げた魚は全て上アゴを捉える完璧なものだった。

船「オナガ&イサキ」釣りステップアップ解説 バラシ対策マル秘仕掛け杉内さんの釣り姿(提供:TSURINEWSライタイー松田正記)

次のページでは低活性時の攻略法を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。