東京湾スミイカシーズンが開幕 基本的な釣り方と最新の釣況を紹介

東京湾スミイカシーズンが開幕 基本的な釣り方と最新の釣況を紹介

スミイカ釣りは、ズシンと竿先に伝わる重みが痛快だ。ここでは、シーズンを迎えた東京湾の各船のスミイカの釣況と、その基本的な釣法を解説するので参考にしてほしい。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

スミイカ釣りの基本的な釣法

基本的な釣法は以下の3つ。船宿によってそれぞれ異なるので、乗船前に必ず確認しておくことを勧める。

1.シャコテンヤ

2.胴突きスッテ

3.中オモリ+エギ

東京湾スミイカシーズンが開幕 基本的な釣り方と最新の釣況を紹介イカ釣りスッテ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

スミイカタックル

テンヤの釣りはキャストして、両手で竿を操作し長いストロークでシャクるため2m前後と長めの竿、エギは船下に落として片手でシャープにシャクるので1.5m前後の短めの竿を使う人が多い。どちらもシャクッて力強くエギやテンヤを操作するため硬調先調子が定番。

東京湾スミイカシーズンが開幕 基本的な釣り方と最新の釣況を紹介スミイカのタックル(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

テンヤ釣りのエサ

テンヤの釣りでは、冷凍または生きエサのシャコを使用。装餌前にハサミでカマを切り落とすか、そのまま付ける場合は十分に注意を。固定に使用する輪ゴムは、透明のものや色をテンヤに合わせていることが多い。強いシャクリでも外れないように確実に付けたい。

東京湾スミイカシーズンが開幕 基本的な釣り方と最新の釣況を紹介シャコテンヤ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

スミイカの基本的な釣り方

スッテはイラストを参考に。エギの場合は中オモリが着底したら1m前後~ハリス分程度でタナを取る。

底付近にいるイカなので、どの釣法でも確実に底を取って、仕掛けが底上からどのあたりにあるのかイメージできることが重要。また、大抵の場合、仕掛けが緩やかに落下している間に乗るので、乗せる間をどう演出するかがキモ。

東京湾スミイカシーズンが開幕 基本的な釣り方と最新の釣況を紹介スミイカの釣り方(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

ヒット~取り込み

スミイカは、乗ればズシッという衝撃が竿に伝わる。テンヤやエギ、スッテにはカエシがないので、しっかりと力強くアワせて、イトを緩めないで一定の速度でリーリング。

イカが水面近くにきたら掛かりを確認し、ある程度スミを吐かせる。落ち着いて抜き上げ、イカの腹側が海に向くような位置で仕掛けをつかめば、スミをかけられずに済む。

東京湾スミイカシーズンが開幕 基本的な釣り方と最新の釣況を紹介痛快な釣りが魅力のスミイカ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

取り込み後は、イカのゲソと胴の中間をギュッと握るとスミを吐かれにくくなり、釣ったイカはネットを張ったオケに入れておき、下船前に網ごと船外でスミを洗い流す。

また、船をスミで汚してしまった場合は、できるだけすぐに水洗いする。放置しておくと洗い落としにくくなる。

次のページで各地の釣況を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。