伊勢湾の船タチウオ釣りが開幕 テンビン・テンヤそれぞれのキホンを解説

伊勢湾の船タチウオ釣りが開幕 テンビン・テンヤそれぞれのキホンを解説

今年も各地でタチウオのシーズン到来ということで、今回は伊勢湾で楽しめるエサ釣り、テンビンとテンヤ釣り攻略法を紹介します。釣っても食べても最高のターゲットに挑戦だ。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 峯卓)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

伊勢湾の船タチウオ釣り

今年も各地でタチウオのシーズンがやって来た。シーズン開幕を首を長くして待っていた釣り人も多く、タチウオ狙いの船はいつも多くの釣り人でにぎわっている。成魚と未成熟魚の生息地が近い瀬戸内海を除けば、概ね晩夏から初冬までが伊勢湾をはじめとした各地での釣期である。

伊勢湾の船タチウオ釣りが開幕 テンビン・テンヤそれぞれのキホンを解説抜け出せないゲーム性が魅力(提供:週刊つりニュース中部版 峯卓)

タチウオ……。ブリやカンパチのようにハリを折り、ラインを引きちぎる怪力はない。ヒラメやマダイのように、持てる技を駆使して仕留めにかかる難易度もない。ではいったいなぜこれほどまでに釣り人の心をつかむのか。

理由はいくつもあるが、最右翼は食味の良さだ。クセのない身質は、およそ向いていない調理法がないんじゃないかと思えるほど万能だ。ウロコを持たず、調理の際の歩どまりもいいので帰宅しての調理も楽だ。

釣趣と魚体の美しさが魅力

そしてその釣趣。細長い魚体をどう使ったら生まれるのかと、不思議に思える掛けた直後の重量感。あの凶悪な牙はどう使ってるんだ?と思わずツッコミたくなるような繊細なアタリ。難易度は高くないとはいえ、ハマると抜け出せなくなるゲーム性の高さ。

狙い方もルアーマンならジギングやテンヤ釣り、普段エサ釣りメインならばテンビン吹き流しと、船によって地域によって選択肢は広がる。

伊勢湾の船タチウオ釣りが開幕 テンビン・テンヤそれぞれのキホンを解説掛けたときの重量感は病みつきに(提供:週刊つりニュース中部版 峯卓)

個人的に一番の魅力と思うのは、なんと言ってもその美しさだ。スーパーで見るタチウオは鉛色、鮮度が良くてくすんだ銀色といったところだろうか。釣り上げたばかりのタチウオは、表現しにくいが艶(なまめ)かしく紫がかった銀色なのだ。まさに妖刀、誰しもがその魔剣のトリコになるはずである。

伊勢湾の船タチウオ釣りが開幕 テンビン・テンヤそれぞれのキホンを解説クーラーの中は銀色一色に(提供:週刊つりニュース中部版 峯卓)

今回はタチウオのエサ釣りだ。切り身を使ったテンビンでの釣りと、イワシを使用してのテンヤ釣りの釣り方を解説していこう。

次のページで基本のタックルを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。