人気上昇中の『有明ターポン(ヒラ)』ゲームが盛期 60cm級をキャッチ

人気上昇中の『有明ターポン(ヒラ)』ゲームが盛期 60cm級をキャッチ

熊本市周辺の波止をラン&ガンし、ターポン(ヒラ)を狙った。ナブラが出れば高確率でヒットし、最大60cmをキャッチした釣行をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。〝鼻が利く〟ことで親しまれ、「釣食」がモットー。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

熊本でターポンゲーム

熊本市の中心部を流れる白川。河口は有明海に注ぐ汽水域になっていて、ハゼやスズキ、ヒラなどが生息する。中でも秋に釣期を迎えるヒラは人気上昇中。ルアーマンの間では〝ターポンゲーム〟として知られる。

10月3日、周辺のポイントを探った。午前7時ごろ、まず向かったのは白川河口(熊本市西区)。ここではベテランの男性らがサオを連ね、ブッ込みでスズキを狙っていた。傍らでワームを投げる男性は30cmほどのヒラを2尾上げ、「サビキならもっと釣れる」と笑う。時折ヒラのナブラがわき、期待できそうだ。

虫ヘッドで25cmヒラ登場

その近くに入らせてもらい、釣りのスタンバイに入った。タックルはエギング用で、仕掛けはジグヘッドに青虫を1匹掛けにする〝虫ヘッド〟。フルキャスト後に中速でただ巻きするシンプルな釣り方だ。

その1投目だった。すぐにアタリがあり、ゆっくりリールを巻くと、途中で魚がジャンプ。25cmほどのヒラだ。足元に寄せてそっと抜き上げ、すぐにクーラーボックスに収めた。

人気上昇中の『有明ターポン(ヒラ)』ゲームが盛期 60cm級をキャッチ当日のタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

場所移動で30cm級連発

数を期待したがアタリはなく、男性らに挨拶をして場所を移動。すぐ近くの熊本港近くの護岸をのぞいた。ここで5分ほど海を眺めたが、ナブラはなく、隣の四番漁港に。同港は車の中からでもナブラが見えたので、車を降りて急いでキャスト。すると3投目に魚信があり、30cm前後のヒラがハリ掛かりした。

アタリは続き、同型を2尾追加。そのまま入れ食いになると思ったが、ナブラが消えると同時に魚信もなくなった。しばらく待ってみても再び出たナブラは、はるか100mほど先。さすがポイントまで遠すぎる。ここを諦め、すぐ近くの海路口漁港に向かった。同港は前週にマハゼの数釣りを堪能した相性のいい場所だ。

重量級ヒット

外側の堤防から海を眺めるが、ナブラは出ないので、しばらくハゼを釣ることに。そのままの仕掛けで、サオ下を探ると15cm前後のマハゼがぽつぽつと釣れる。その時、突然大きいナブラが目の前に現れた。

魚群を目掛けてすぐにキャスト。アタリは〝ドンピシャ〟のタイミングで出たものの、今度はかなりの大物だ。ドラグからミチイトが引き出され、大型のヒラが飛び跳ねる。引きを味わいながら、相手との距離を縮めていくが、途中でハリが外れてしまった。

次のページで本命60cmをキャッチ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。