芦ノ湖ボートフライフィッシングで「6魚種」完全制覇 45cm頭に21尾

芦ノ湖ボートフライフィッシングで「6魚種」完全制覇 45cm頭に21尾

神奈川県芦ノ湖でボートフライフィッシング。大型こそ出なかったが、ヒレピンの魚に遊んでもらい、釣果は28~44.5cm21尾。「1日6魚種完全制覇」の満足釣行をリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ フライフィッシング

芦之湖でフライフィッシング

9月11日(土)、神奈川県箱根町のある芦ノ湖を訪れた。例年、同湖は3月の解禁から春は浅場でのトラウト、夏はバス、7月中旬の湖尻からワカサギが始まり、秋はワカサギ&深場のトラウトの好期。

芦ノ湖ボートフライフィッシングで「6魚種」完全制覇 45cm頭に21尾タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

今年は長雨の影響で夏に水温が上がりきらず、レイクジギングやトローリングはタナが絞れず不調。とくに、銀毛サクラマスやコーホーサーモンは難しかった。9月に入り、どう変化するか、ターンオーバー前に探ってみた。

イワナ&コーホー登場

湖尻のボート店から5時半に出艇し、西岸を早川水門から立岩までを探るがアタリなし。

芦ノ湖ボートフライフィッシングで「6魚種」完全制覇 45cm頭に21尾ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

東岸に渡り箱根園から北へと探ると、40cm級ヒレピンのニッコウイワナ。この日は同魚の40cm超えが3尾上がったが、居着きと言うよりは、ワカサギの群れに着いている感じだった。

芦ノ湖ボートフライフィッシングで「6魚種」完全制覇 45cm頭に21尾ワイルドなニッコウイワナ(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

コーホーサーモンは大型こそ出なかったが、40cm超えが1尾に35cm前後多数で10尾と高活性。

ニジマス&ブラウンを追加

芦ノ湖ボートフライフィッシングで「6魚種」完全制覇 45cm頭に21尾ヒレの回復したニジマス(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

定番のニジマスとブラウンは44.5cm頭に3尾ずつ。どの魚もヒレピンの美しい魚体ばかり。

芦ノ湖ボートフライフィッシングで「6魚種」完全制覇 45cm頭に21尾銀毛化したブラウントラウト(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

春は大型を狙いやすいが、ヒレの欠けた個体が多い。一方、秋はネイティブな魚が多く、その魚体の美しさに満足。とくに、銀毛化したシートラウト系のブラウンは奇麗だ。

次のページでは稀少なヒメマスも!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。