秋の日本海アオリイカエギングが好調 2日間の釣行で12匹キャッチ

秋の日本海アオリイカエギングが好調 2日間の釣行で12匹キャッチ

今年の日本海アオリイカエギングは初期から絶好調の様子。早速9月22日は福井の神子、29日は河野海岸に釣行した。ともにまずまずの釣果を得たので、その模様をリポートする。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

神子漁港でエギング

いよいよ秋アオリイカの本格シーズンだ。今年の日本海は初期から絶好調のようで、早速9月22日に釣行した。

福井県・若狭町の常神半島にある神子漁港に到着したのは、朝マヅメ前の午前4時半ごろ。早速準備を整えて、釣り場に向かう。早々にスタート。

キャストを繰り返していると、まだ薄暗い5時ごろに初ヒット。待望のアオリイカだ。サイズはコロッケ大といったところか。今の時期のアベレージサイズといえるだろう。

秋の日本海アオリイカエギングが好調 2日間の釣行で12匹キャッチ神子漁港で釣ったコロッケ大のアオリイカ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

ボトム付近にヒット集中

その後は少し沖のカケアガリを重点的に探っていくと、ポツポツながらヒットが続く。シャクった後のカーブフォール、エギが手前に寄ってきたときにはステイを多用。

ヒットはボトム付近が圧倒的に多かった。基本的なメソッドだが、やはり釣りは基本が大事。

秋の日本海アオリイカエギングが好調 2日間の釣行で12匹キャッチアオリイカ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

最終釣果

やがて明るくなってくると、途端に反応が遠のいてしまった。結局、夜が明けてからのヒットは1匹のみ。またヒットエギは金テープのオレンジ、金テープのピンクの2.5号で、他のカラーでは触りすらなかった。

ちなみに沖ではサゴシがあちらこちらで飛んでいたので、ジグがあれば釣れたかもしれない。当日の釣果はアオリイカ5匹だった。

秋の日本海アオリイカエギングが好調 2日間の釣行で12匹キャッチタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

次のページでは河野海岸での釣りをリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。