シーズン終盤のウナギ釣りで本命2匹 活性落ちるもまだチャンスあり?

シーズン終盤のウナギ釣りで本命2匹 活性落ちるもまだチャンスあり?

9月上旬、約1カ月ぶりに木曽川下流域へ釣行した。昨年ボートのウナギ釣りは8月にピークを迎え9月以降は下降したため、まだ釣れるか確認するため妻と釣行した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

冷凍カメジャコに本命ヒット

アタリがあった場所に仕掛けを集中して投入する。すでに満潮を過ぎ、上流から下流へ流れる。

午後9時ごろには流れが一層速くなり、オモリ25号を使っていても底が取れなくなったため、投入ポイントを変更した。

岸から10m(普段の投入位置周辺)に投入するが、それでも仕掛けが流されて根掛かりを連発。オモリを失った。

岸から5mでなんとか仕掛けを固定することができた。温存してきた冷凍カメジャコを使うと、午後9時ごろに妻のサオにも反応があり小型のウナギをキャッチ(リリース)。その後はアタリが全くなくなったので10時に納竿とした。

釣果はウナギ2匹とセイゴ1匹(すべてリリース)。揖斐川・木曽川の連続ゲット記録は今回で途絶えてしまった。

今回確認できたことは、ウナギはまだいるが7月や8月と比較すると食いが落ちたようだ。それにしても、あのバラシが悔しい。チャンスは確実にモノにしたい。

<週刊つりニュース中部版APC・石川友久/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
木曽川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年10月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。