ボート釣りで42.5cmシロアマダイ6匹 エサにもタイラバにもヒット

ボート釣りで42.5cmシロアマダイ6匹 エサにもタイラバにもヒット

いまだにシロアマダイが釣れているとの情報。三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄から、アオリイカ狙い…と言いつつも、シロアマダイを意識して釣行してきた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

フィッシング光栄でシロアマダイ狙い

例年、秋以降に主にティップランでのアオリイカ狙いでお世話になっている三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄。ところが今年は幻の魚と称されるシロアマダイがずっと釣れている。急きょ8月に釣行し本命のシロアマダイ4匹をはじめ、アカハタ、イトヨリ、カサゴとにぎやかな釣果となった。

さすがにシロアマダイはいつまでも釣れないだろうと思いつつ、今年もアオリイカシーズンがスタートしたが、いまだにシロアマダイが釣れているとの情報が…。

そこで9月11日に、レンタルボートを予約して釣行してきた。今回はアオリイカ狙いで釣行…と言いつつも、シロアマダイを意識して、しっかりとタイラバ、テンビンフカセのタックルも準備して午前6時に三浦漁港を出港した。

ボート釣りで42.5cmシロアマダイ6匹 エサにもタイラバにもヒットテンビンフカセ仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

まずはアオリイカ狙い

出港すると沖はまずまずの風があり、いい感じに船が流れる。まずは予定通りアオリイカ狙いで水深20mのポイントにボートを入れる。

理想のスピードで船が流れるが、アオリイカからの反応はない。何カ所かポイントを回るが、全く反応がなし……。こうなると釣りを開始して間もないが、どうにもシロアマダイが気になる……。

早々にシロアマダイ連発

約1時間後に潮止まりを迎えたこともあり、ここからはシロアマダイを狙うことにしてポイントを移動した。

前回同様に置きザオでのテンビンフカセと、タイラバでシロアマダイを狙う。

ボート釣りで42.5cmシロアマダイ6匹 エサにもタイラバにもヒットテンビンフカセのサシエサ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

実績のある40mラインに船を止めて、ドテラ流しで狙う。開始するとすぐにアタリがありヒット。掛かっていたのは小型のイトヨリだ。気を取り直して仕掛けを再投入。すると投入後すぐに大きなアタリがありヒット。これは引きが強くサイズが良さそうだ。

良型のイトヨリかと思ったが、上がってきたのは良型のシロアマダイ。開始早々に良型が釣れてひと安心。さらに潮止まり前にもかかわらず、次々とアタリがある。すぐに2匹目を釣り上げたところで潮止まりとなった。

タイラバでもシロアマダイ42.5cm

さすがに潮が止まると反応がなくなったが、潮が動きだすと再びアタリが増えてきた。

テンビン仕掛けをロッドキーパーに掛けて、タイラバも併用してシロアマダイを狙う。100gのタイラバで底を取り、巻き始めた瞬間にゴツンと強いアタリがありヒット。ロッドがバットから曲がり、強い引きが伝わってくる。アマダイならかなりの良型だ。

ボート釣りで42.5cmシロアマダイ6匹 エサにもタイラバにもヒット強烈な引きでロッドが絞り込まれる(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

何度かラインを出されながら、慎重にやり取りして上がってきたのは42.5cmの良型シロアマダイだった。紅牙ベイラバーフリー100g紅牙レッドにヒットしていた。

ボート釣りで42.5cmシロアマダイ6匹 エサにもタイラバにもヒットタイラバで仕留めたシロアマダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

横走り見せシオ登場

この1匹でこの日の釣行は十分満足したが、さらにヒットは続く。

置きザオのテンビンフカセ仕掛けにアタリがあったため、手持ちのタイラバを回収しようして速巻きしてくると底から10mほど巻き上げたところで、ドンと引ったくるようなアタリがありヒット。掛かった瞬間に一気に横走りする。あらかじめ弱めにセットしたドラグが功を奏し、ファーストランをどうにか止めてやり取り開始。何度もドラグが出されながら数分のやり取りで浮いてきたのは、まずまずサイズのシオ(カンパチ)だった。

ボート釣りで42.5cmシロアマダイ6匹 エサにもタイラバにもヒット中層でタイラバをひったくったシオ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

さらに終了間際にはSLJでマダイがヒット。

ボート釣りで42.5cmシロアマダイ6匹 エサにもタイラバにもヒット最後にSLJでマダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。