船カワハギ釣りの季節到来 タックル・仕掛け・キホンの釣り方

船カワハギ釣りの季節到来 タックル・仕掛け・キホンの釣り方

秋の沖釣りの好ターゲット、カワハギ。群がるエサ取りをかわしてハリに掛けるゲーム性、フグにも劣らぬ食味など、その魅力を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

船カワハギ釣りタックル

まずは基本的なタックルについて紹介しよう。

船カワハギ釣りの季節到来 タックル・仕掛け・キホンの釣り方タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

サオ

狡猾(こうかつ)でエサをかすめ取ることがうまいカワハギを攻略するには、ハリと並んでサオが重要になってくる。その調子は独特で、極端な先調子であることが特徴だ。繊細なアタリを捉えることができる軟らかい穂先のすぐ下部には、強靭なバットが備わっている。

船カワハギ釣りの季節到来 タックル・仕掛け・キホンの釣り方サオとリールは持ち重りしないものを(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

その強いバットの役割は、カワハギの固い口にハリを掛けるだけではなく、細かい誘いを意のままにかけることを可能にしている。

長さは1.8~2.1mが標準。サオ掛けにかけて待つ釣りではなく、常に手持ちで攻めていく釣りなので、持ち重りのしないものがお勧めだ。

リール

リールは小型のベイトリール。100~200番が目安だが、できれば巻き上げ速度が速いハイギア仕様がお勧めだ。素早い仕掛けの回遊は手返しアップにつながる。

船カワハギ釣りの季節到来 タックル・仕掛け・キホンの釣り方水面に浮いた瞬間に喜びと安堵が交錯する(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ライン

リールに巻くミチイトはPEライン。太さは1号前後がいいだろう。150mほど巻いておこう。そんな深場を攻める釣りではないので、予期せぬ高切れを起こした場合でも、釣りに支障をきたすことはないはずだ。

船カワハギ釣りの季節到来 タックル・仕掛け・キホンの釣り方エサ取り名人と究極の駆け引きを楽しもう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ミチイトの先には、フロロカーボンライン3~4号の先イトを1~2mほど接続しておく。コシのないPEラインは、穂先に絡みやすい。穂先絡みに気づかずリールを巻くと、破損につながることもある。絡みを防ぐためにも先イトは必ず結ぶようにしたい。

次のページで船カワハギ釣りの仕掛けを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。