伊勢湾「テンビンタチウオ釣り」の1日を紹介 時間帯別攻略法とは?

伊勢湾「テンビンタチウオ釣り」の1日を紹介 時間帯別攻略法とは?

伊勢湾の乗合船で盛んに狙われるタチウオ。数が狙える魚だが、1日のうちで変化していくバイオリズムに合わせた攻略が必要。今回、タチウオの活性や時間帯に合わせた攻略術を紹介したい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部・五井)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

伊勢湾タチウオ釣りの仕掛け

伊勢湾のタチウオ釣りはテンビン仕掛けで釣る。仕掛けの構成は以下の通り。

1、テンビン…アーム部の長さ40~50cmの片テンビン
2、仕掛け…タチウオ専用吹き流し仕掛けでハリス10~12号のもの(市販品が容易に手に入る)。
3、オモリ…80号(ほとんどの船が80号を指定)
4、水中ライト…大きさ10~15cmのもの。曇天、濁り潮で集魚効果てき面。

伊勢湾「テンビンタチウオ釣り」の1日を紹介 時間帯別攻略法とは?タチウオ仕掛けの構成(撮影:TSURINEWS編集部・五井)

伊勢湾タチウオ釣りのタックル

タックルは、2.1m程度のタチウオ専用ザオ(テンヤ用は不適)か、先調子(7:3調子など品名に記載がある)のライトゲーム用船ザオで、オモリの許容範囲が80または100号までのもの。

リールは小型電動リールがベストだが、中型の手巻きリールでもOK。タナが大切な釣りなので、カウンターが付いているものが好適だ。これにPEライン2号のミチイトを200m巻く。

なお、タチウオの乗合船にはおおむねレンタルタックル(有料)がある。

伊勢湾「テンビンタチウオ釣り」の1日を紹介 時間帯別攻略法とは?小型電動リールがベスト(撮影:TSURINEWS編集部・五井)

タチウオの1日の行動

基本的に夜行性の魚なので、暗い時間は浅いところで摂餌し、明るくなると徐々に深場へ移動する。雨天や曇天だと、この動きが多少緩慢になるが、基本はこのような動きをする。

伊勢湾「テンビンタチウオ釣り」の1日を紹介 時間帯別攻略法とは?タチウオは夜行性(撮影:TSURINEWS編集部・五井)

伊勢湾で狙うタナは30~90mが中心。探るべき範囲は船頭が魚探を見て指示をくれる。

日が昇ると徐々にタナが下降していく。潮止まりでもないのに急にアタリが減ったら、タナがダウンし始めた兆しと考えよう。

また、タチウオは何度も仲間が釣られる姿を見て、仕掛けを警戒するようになる。「一日中同じ手が通用する相手ではない」ということを覚えておこう。

基本的なタチウオの釣り方

ゆっくりリールを巻きながらエサを追わせて釣るのが基本。シャクリながら巻くのも効果的。シャクるときは仕掛けが跳ねたり、ミチイトが弛んだりしないよう、サオをやさしく上下させよう。

巻いている途中でコツコツやガツガツとアタリがある。この間巻くのを止めないのが原則。早アワセは禁物で、穂先をグーッと持っていかれたらアワせる。

次のページでは時間帯別攻略法を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。