エサ釣りで2kg級頭にアカハタ連発 消波ブロック周りを石鯛仕掛けで狙う

エサ釣りで2kg級頭にアカハタ連発 消波ブロック周りを石鯛仕掛けで狙う

大江漁港(熊本県天草市)で、アカハタの食いが活発になってきた。外波止の離れ堤防に釣行した時の様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

石鯛仕掛けでアカハタ狙い

大江漁港は天草灘に面した波穏やかな港。ポイントは大きく分けて、外波止と内波止の2か所で、それぞれ釣り物が異なる。内波止はキスやアジが狙えるファミリー向けで、外波止はクロやチヌなどが多いベテラン向き。最近は外波止からイシダイやアカハタなどの根魚を狙うファンも目立ってきた。

エサ釣りで2kg級頭にアカハタ連発 消波ブロック周りを石鯛仕掛けで狙うタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

8月10日は午前5時前に同港の渡船・英光丸に乗り、外波止の離れ堤防に渡った。キビナゴをエサにしたブッ込みで根魚を狙う計画だ。ハリは刺さりがよくて強固な石鯛ワイヤーを使用。空が白み始めると同時にちょい投げに臨んだ。

1投目からヒットもバラし

1投目のアタリに期待したが、反応はない。仕掛け投入の位置を変え、置きザオにした時だった。サオ先に小さい魚信があり、サオを持ち上げようすると、いきなり突っ込んだ。

魚は消波ブロックに潜ったのか、びくともしない。根から出るのを待ってみたが、動く気配はなく、バラシ。どうやら消波ブロックが巣穴になっているようだ。

2kg級良型アカハタ浮上

その後、アタリがあった消波ブロック近くを持ちザオで攻めることにした。これが的中し、一気に食い込むアタリ。サオを起こすと、重量感があるうえ、かなりの手応え。ミチイトを1mmも出すことなく、リールを力強く巻くと、2kg近いアカハタが浮上。久々に見る大型だ。

アタリは続き、1.3kg超と600g級のアカハタを追加。さらに良型のアラカブが連発し、大漁を期待した。しかし、日が高くなると魚信は止まり、午前9時に納竿した。

同港の根魚は初冬まで狙える。次回はバラシの正体が見たい。

<週刊つりニュース西部版APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
英光丸
出船場所:大江漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年8月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。