シロアマダイは「幻のサカナ」ではなくなった? レンタルボートで4匹

シロアマダイは「幻のサカナ」ではなくなった? レンタルボートで4匹

8月1日、釣友2人とシロアマダイを求めて、三重・紀伊長島のフィッシング光栄へ釣行してきた。本命はもちろん豪華なゲストもゲットできた当日の模様をお届けする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

「幻」のシロアマダイを狙う

いつも主にティップランのアオリイカ狙いでお世話になっているフィッシング光栄。しかし、今年は少し様子が違う。週刊つりニュース中部版に”幻の魚”と称されるシロアマダイの記事が頻繁に上がっている。

しかも高確率で釣果があるようで、2ケタ釣果の情報も聞こえてくる。なかなかお目に掛かれない高級魚で、もちろん今まで釣ったことはない。

シロアマダイは「幻のサカナ」ではなくなった? レンタルボートで4匹タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

午前5時45分に同船の2人と現地集合。出港前にポイントを確認し、6時に出港した。

当日の天候は曇り。ほどよく風もあり絶好の釣り日和だ。まずは前日好釣果であった水深40mのポイントに船を入れ、ドテラ流しで探っていく。同船の2人はタイラバ。私はテンビン仕掛けを1本投入し、タイラバとの2本立てでシロアマダイを狙うことにした。

早々にシロアマダイ登場

釣り開始後、すぐにはアタリがなかったが、しばらくしてテンビン仕掛けにアタリがあり、初ヒットはイトヨリダイ。鳥井さんにも良型イトヨリダイがWヒット。

シロアマダイは「幻のサカナ」ではなくなった? レンタルボートで4匹良型のシロアマダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

私にもすぐに先ほどと同じようなアタリがありヒット。イトヨリダイかと思ったが引きがちょっと違う。上がってきたのは本命のシロアマダイだ。いきなりの本命の登場に船中が一気に盛り上がる。

すぐに2匹目がヒット。これも先ほどと同サイズのシロアマダイであった。さらに次の1投も良型のシロアマダイがヒット。あっさりと3匹のシロアマダイをゲットした。

アカハタ&カサゴもゲット

事前の情報通り、もはや全く”幻”ではない状態である。さらに鳥井さんにヒット。ほぼ同時に私のサオにもヒット。鳥井さんのサオにヒットしたのは本命シロアマダイ。私も良型のシロアマダイを期待したが、ヒットしていたのはジャンボサイズのエソでがっかり。

ここで反応が少なくなってきたため、アカハタ狙いに変更。沖磯付近にキャストし、軽く誘うとすぐに反応があり、まずまずサイズのアカハタがヒットした。鳥井さんにカサゴがヒットしたところで潮止まりを迎えたため、いったん港に戻り休憩とした。

良型イトヨリダイ続々ヒット

午後からは朝シロアマダイがヒットしたポイントへ。釣りを開始するも風向きが変わっており、潮も効いておらずなかなかアタリが出ない。そんななか、天野さんにヒット。サオが大きく曲がっている。上がってきたのは良型のイトヨリダイだ。

シロアマダイは「幻のサカナ」ではなくなった? レンタルボートで4匹後半はイトヨリダイがよく上がった(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

なかなかお目にかかれないサイズであったが、ここからなぜか良型イトヨリダイが連続ヒット!その後、シロアマダイを狙うも反応は得られず、午後3時に帰港し、釣行は終わった。

次のページで当日の釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。