地磯からのカゴ釣りでアタリ連発 シブダイにタバメでクーラー満タン

地磯からのカゴ釣りでアタリ連発 シブダイにタバメでクーラー満タン

上甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)の磯で、シブダイやタバメ(ハマフエフキ)が本番を迎えた。わずか3時間で大型クーラー満タンの釣果に恵まれた釣行をリポートする。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

上甑島でシブダイ狙い

里のシブダイやタバメは今年も例年通りに開幕。ナイターによるカゴ釣りやブッ込みで狙うのが一般的で、シブダイの型は1~2kg。タバメは2~3kgを中心に、時折4~5kgの大型が交じる。

地磯からのカゴ釣りでアタリ連発 シブダイにタバメでクーラー満タンタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

当日の状況

現地入りしたのは午前2時前。西からのウネリがあり、釣る場所が限られた。数人の釣り人を安全で大きい磯に降ろし、私は最後に射手崎の地磯に渡った。

渡礁後は急いでカゴ釣りの準備。ウキはケミホタル対応の遠投カゴサビキで、ハリはタバメの堅いアゴをとらえるカット真鯛を選択。オキアミボイルとキビナゴをエサにし、まずは足元をサオ1本のタナで探った。

1.5kg級シブダイ頭に連発

時合いはすぐに訪れた。1投目からウキがスパッと消え、サオに乗った。魚は力強く真下に突っ込むが、強引にリールを巻く。水面を割ったのは1.5kgほどのシブダイだった。アタリは連発し、1kg級のシブダイや700g前後のアカハタが次々に。さらに2kg前後のタバメを釣り、汗だくになったところで休憩。

その後は攻めるペースを落としたものの、夜明けまでにクーラー八分目になり、カゴ釣りを終了。残った時間はちょい投げでアカハタを少し追加し、8時すぎに納竿とした。

同日現在、早朝の気温は25度で水温は27度。釣行の際は、飲み物はもちろん、氷も多めに持参してほしい。

<週刊つりニュース西部版APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
藤丸
出船場所:里港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年8月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。