今さら聞けないチニングのキホン:『フリーリグ』の長所と短所

今さら聞けないチニングのキホン:『フリーリグ』の長所と短所

根の粗いポイントで大活躍のフリーリグですが、アタリがあっても乗らない場合は結構厄介です。今回は、フリーリグの長所と短所、それに乗らない場合の対処法を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー ショア

夏のチニングゲーム

近年大流行している夏のシャローゲームといえば、チニング!私のホームである愛知県の衣浦港にも大量のチヌがシャロー地帯に遡上しており、暑さを避けて夕方から夜くらいまでチニングに出かけることが多いです。

チニングとは、ルアーを使ったチヌ釣りのことです。ポッパーやミノーを使った表層の釣りもありますが、とっつきやすいのはボトムの釣り。チヌ専用のラバージグやテキサスリグ、フリーリグなどにホッグ系のワームをセットして、シャロー地帯のカキ殻エリアや砂利などのブレイクラインを中心に、ボトムのズル引きをしながら狙います。バイトがあったら即掛けするイメージの釣りです。

今さら聞けないチニングのキホン:『フリーリグ』の長所と短所チニングは夏の夜釣りにオススメ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

狙いの地形

この釣りで狙うべき地形は、大潮の干潮時に姿を表すようなシャロー地帯のカキ殻エリアや砂利などのハードボトムがオススメ。これらのエリアにはチヌのベイトとなる、カニやエビ、貝類が多く生息しており、ベイトを食べにチヌが寄ってくる傾向にあります。

また、瀬になっているようなブレイクラインにもチヌは居着いており、潮の流れが速くなったタイミングなどで流れてきたベイトを待ち構えて捕食していることもあります。

チニングでの使用リグ

以上のように、ポイントは非常に根の粗いエリアとなることが多いです。チヌ専用のラバージグやテキサスリグ、フリーリグ、ジグヘッド、ワインドなど、様々なリグで狙えますが、根掛かりしにくいルアーならストレスが少ない釣りが可能です。

今さら聞けないチニングのキホン:『フリーリグ』の長所と短所チニングのリグ各種(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ということで、近年私が多用しているのが、フリーリグです。ここでは、その長所と短所、そしてアングラーを悩ます「アタリがあっても乗らない」場合の対処法を紹介していきます。

フリーリグのメリット

まずは私がフリーリグを愛用している理由でもある、このリグのメリットを紹介します。フリーリグはナス型オモリやスリムシンカーを使用することで、ボトムからシンカー分が立ち上がるため、根掛かり率の軽減は勿論のこと、ズル引きしていてリーダーを根ズレさせづらく、シンカーが遊動することでのバレにくさなどが挙げられます。

今さら聞けないチニングのキホン:『フリーリグ』の長所と短所根の粗いポイントで効果的なフリーリグ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

フリーリグのデメリット

反対にデメリットとなることは、オフセットフックを使用しているため、アタリがあったりしてワームがズレてしまうと、一々ワームを付け直さなければならないことです。

次のページでは乗らないバイトを掛ける方法を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。