堤防でお手軽ルアー&エサ釣り堪能 2大本命カマスとキス手中【和歌山】

堤防でお手軽ルアー&エサ釣り堪能 2大本命カマスとキス手中【和歌山】

7月25日、和歌山の初島漁港で朝マヅメのカマスゲームとチョイ投げキス釣りを楽しんだ。ともに上々の釣果を得られたので、その模様をお届けしたい。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

ソルトルアー ショア

初島漁港でカマスゲーム

和歌山県の初島漁港の港内では、7月の後半に入り夏の風物詩のカマスが回遊を始めた。今シーズンは型がよく、30cmまでの良型が釣れている。まだ、日ムラがあるが、いい日には2ケタの釣果がある。そこで、7月25日に釣行してみた。

漁港内の駐車場には、午前3時すぎに到着。カマスの回遊がある港内の先端寄りに釣り座を取り、タックルをセット。まず、7gのジクヘッドに、3inchのパワーシャッドのパールホワイトの頭をカットしてからセット。まだ、カマスが回遊してくる夜明け前まで時間があるが、投入して様子を見てみる。

堤防でお手軽ルアー&エサ釣り堪能 2大本命カマスとキス手中【和歌山】初島漁港の釣り場風景(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

暗い内は無反応

できるだけ遠くに投入し、中層をノーアクションの速巻きで誘っていく。ワームのテールが、バイブしてバイトを誘うので、巻きでも十分バイトしてくれる。シャクリを入れて誘っても効果的だが、摂餌が下手なカマスだけに、ワームを食い損ねると鋭い歯でラインカットされることが多くなるので、活性が低くなければノーアクションで誘う方がいいだろう。

数投して探っていくが、やはりバイトがない。周辺はアオリイカの実績場でもあり、小さなスミ跡があったので、カマスの回遊が始まるまでエギングをしてみた。3号のオレンジのエギでしばらくシャクリ続けたが、イカの反応がなかった。

夜は心地いい風が吹いているが、日中は暑くなりそうだ。大潮で潮が満ちてきていた。カマスがよく釣れているので、地元の常連の釣り人もやって来ている。

堤防でお手軽ルアー&エサ釣り堪能 2大本命カマスとキス手中【和歌山】使用したルアー(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

空が白みだすと中層でヒット

ようやくカマスの回遊が始まったのが、まだ暗い4時すぎだった。隣の地元の釣り人が、シンキングミノーで25cmオーバのカマスをヒットさせた。回遊が始まったと思い気合いを入れて投入を繰り返すが、バイトがない。単発だったようだ。

空が白みだした4時半ごろ、投入して中層を速巻きで誘っていると、ググッとバイト。すかさずアワせると、グーンと引きが伝わる。しかし、手前まで寄せて抜き上げる時にポロっとハリが外れてナチュラルリリース。カマスは口が硬いので、しっかりフッキングしないとバラシが多くなる。

1匹目は25cm

2投目にググとバイト。アワせると、グングンといい引きが伝わり、25cmの良型カマスをキャッチ。夜が明けてきて回遊が始まり、次投もググッとバイトしたが、すぐにフックアウト。回遊が始まれば、群れでベイトを補食するので、次々にバイトがあり28cmクラスが掛かってくるが、抜き上げの時のバラシも多い。

このサイズになると、右に左にと走り回り、強引な引きが味わえる。定番の小型のヘビーシンキングミノー・イワシカラーにかえて、表層をミディアムスピードのただ巻きでも、カマスがバイトしてくる。

堤防でお手軽ルアー&エサ釣り堪能 2大本命カマスとキス手中【和歌山】1匹目の25cm(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

次のページではチョイ投げキス釣り

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。