キャスティングヒラマサゲームで10kgオーバー初キャッチに歓喜【福岡】

キャスティングヒラマサゲームで10kgオーバー初キャッチに歓喜【福岡】

今までキャスティングでは何回かヒラマサをキャッチしたことはありますが、大マサはまだキャッチしていません。今回は遊漁船・クルーズにて夢の大マサ10kg超を狙います。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀泉)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

筆者にもヒラマサ12kg超

その後、私の前方でもボイルが見えたため、力いっぱい投げると、その時は突然にやってきました。ものすごく力強い魚が私のルアーをかっさらっていきました。

「きたー!」と私が叫ぶと、同船の皆さんが周りで声を掛けてくれます。「サオをお腹の真ん中に持って、少しサオを立てて、今巻いて」など、パニックになる私に冷静に助言をくれました。

ものすごい強烈なパワーと戦いながら、少しずつ巻き上げます。割と近い所でヒットしたため、長期戦にならずに寄せることができました。

白く浮き上がってきた魚体は、自分の予想以上の大物。タモに入ったところで、ようやく緊張感から解き放たれました。「やったあー!」。12.39kg、120cmの大マサを捕りました!

目標の10kgオーバー達成です。写真を撮ろうと魚を持ち上げようとしても、めちゃくちゃ重くて持ち上がりません。

こんなのを私が釣り上げたなんて信じられない。念願の横持ち写真も撮っていただきました。「これが10kgオーバーか!」。かっこいいヒラマサの顔に感動です。

キャスティングヒラマサゲームで10kgオーバー初キャッチに歓喜【福岡】初の10kgオーバーに感極まる筆者(提供:週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀泉)

ジギングでヒラマサ追釣

その後はボイルも徐々になくなり、日も照ってきたのでルアーをチェンジ。少し潜るタイプや、少し小さめのルアーを試してみました。

その後、一度ルアーを追ってくる様子を見ましたが、ヒットはしませんでした。

昼になり、アタリが止まったところでジギングにチェンジ。この日はジギングの活性があまり良くないようですが、そんな中でも同船者にヒットがあり、数尾釣り上げられていました。

日中の厳しい時間がすぎ、少し日も傾いてきたところでキャスティングを再開し、大須賀さんやほかの同船者が何尾か追加し、この日の釣行を終えました。

こんな私でも10kgオーバーを捕れたことで、自信につながりました。夢をまた1つ達成できて本当にうれしい一日になりました。船長や釣友、同船者の皆さんに感謝です。新たに、さらなるサイズアップを目指す夢ができました。

<週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀泉/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
遊漁船・クルーズ
出船場所:博多港・東浜船溜
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年8月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。