今さら聞けないオオモンハタゲームのキホン:代表的なリグと釣り方

今さら聞けないオオモンハタゲームのキホン:代表的なリグと釣り方

近年人気のハタゲーム。中でもオオモンハタは美しい見た目と抜群の引き味でアングラーを魅了する。今回はオオモンハタの基本的な釣り方を解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ジャーキングやダートも有効

スイミングで反応がない時はジャーキングを試してみよう。ジャーキングをする時はブレードを外し、ワームはピンテール系ワームがいい。

今さら聞けないオオモンハタゲームのキホン:代表的なリグと釣り方ブレードを外しピンテールで(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

また人的プレッシャーが高く、オオモンハタがスレているポイントではダートも有効だ。ダートに対応したワームを使用して、ダートアクションを加えると反応する可能性がある。

小型は積極的にリリースを

オオモンハタ狙いでは小型が釣れることも多い。小型を持ち帰ってしまうと今後ハタゲームを楽しめる状況では無くなってしまう可能性もある。

そのため小型が釣れた時には積極的にリリースをしよう。

<山下洋太/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。