ルアーカツオ船で5kg頭に良型ホンガツオ キハダは痛恨のバラし【茨城】

ルアーカツオ船で5kg頭に良型ホンガツオ キハダは痛恨のバラし【茨城】

今年も鹿島灘にカツオがやってきた。コマセが禁止されている茨城ではルアーで狙う。大好きな釣り方だ。早速行ってきたので、その日の模様をリポートしたい。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

不動丸でカツオ狙い

梅雨明けの兆しが見えて、海は安定した7月15日(木)、鹿島の不動丸から釣行した。ミヨシは混みあっていたので、右舷トモに入る。

ルアーは「投技ジグ50g」の居つきトウゴロを準備。視力がいいカツオの場合、魚の目に映りにくいフロロカーボンラインのリーダーが適しているので8号を結ぶ。

ルアーカツオ船で5kg頭に良型ホンガツオ キハダは痛恨のバラし【茨城】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

4時に10人を乗せて出船、ポイントまでは約90分。「そろそろか?」と思ったころ、船は進行方向を変えて急停止。船長から「ほら、投げてー!」という大きな声。カツオのハネに船首を接近させたようだが船中ヒットなし。

カツオは全員でのチームプレイ。誰か1人、ヒットさせることができれば、その暴れる姿に興奮して群れ全体の活性が上がり、次々に食ってくる。「チャンスが多いミヨシの人の腕前が全体の釣果に繋がる」とも言える。

キハダヒットも痛恨のバラシ

再び群れを探して1時間ほどクルージング。チャンスが訪れたのは10時すぎ。群れを見つけた船はスピードアップ。船首から突っ込んでいき、ミヨシの誰かの竿にヒットしたらしく前方が騒がしい。

すると、10カウント沈めて早巻きしていた私にヒット。激しく走られてラインはどんどん出ていく。ドラグを締めて、強気で巻くと姿を現したのはキハダ。姿は見たものの、船の下に回られてしまいラインブレイク。

この釣りではバラシは禁物で、逃げた魚が群れに戻ることによって活性が急激に下がってしまう。

3kg&4kg級本命をゲット

直後に別の群れを発見。ここでやっと3kg級本命をゲットすると、直後にアタリ。「またキハダか」と思うほどのファイトで4kg級。2尾ゲットできて土産は十分。このあと、群れの気配はなくなってしまい帰港することになった。

陸に戻ったら同宿名物ハマグリラーメンに舌鼓。ミカンくらいの大きさのハマグリが入った潮味がたまらなく美味い。

舵を握っていた小塙船長は群れを発見するのが得意。群れを見つけたのはほとんどが船長だった。日によってヒットしづらい「シラスパターン」があるので、タングステンのマイクロジグを用意しておくと安心だ。

<週刊つりニュース関東版 上谷泰久/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:不動丸
ルアーカツオ船で5kg頭に良型ホンガツオ キハダは痛恨のバラし【茨城】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年7月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。