伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュポテトを使おう:第5回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュポテトを使おう:第5回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。のテーマは「マッシュポテトを使おう」。今回はウキによる釣り方の違いについて考えてみよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

マッシュに適したウキとは

前回でも少し触れましたが、マッシュエサの釣りに適したウキとは?伊藤さんはよく、太めのパイプトップを使っているようですけど。

伊藤 さとし

「たとえばハリを上下『サイト』18号を使って大エサを打つなら、トップ径2mm以上のパイプ系が釣りやすいだろうね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュポテトを使おう:第5回】大エサを打つなら『サイト』18号(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

それで何節程度ナジませるイメージですか?

伊藤 さとし

「エサ落ち目盛を5~6節出しにして、4~5節はナジませたいよね」

 

それは常時ですか?

伊藤 さとし

「魚が寄って触りが出るようになったら3~4節ナジむようにエサを小さめにしたり、より軟らかくしたりするね」

 

太パイプVSムクトップ

つまり、より食わせる方向にシフトするわけですね。ではムク系トップの釣りはどうですか?

伊藤 さとし

「ハリが『サイト』13号前後を使うなら1~1.5mm径のPCかグラスのロングムクトップでいけるだろうね。エサ落ち目盛をボディーの肩付近にして、ナジミ込み途中の触り重視で早い釣りに徹する」

 

1mm径のムクですか、それではトップが沈没しませんか?

伊藤 さとし

「ハリ付け次第では、沈没するだろうね。でもそこまで待つ釣りではないから、それもありじゃない」

 

いわゆる一方通行の釣りですね。

伊藤 さとし

「ナジミ途中に触りがあるなら待つけど、なければ打ち返すからね」

 

ということはハリスも長めですね?

伊藤 さとし

「限度はあるけど長めを使ったほうが滞空時間は延びるから、触り重視の釣りでは有利になるだろうね。ただし余計なアタリも出やすくなるから、食いアタリの見極めが難しくなることもある」

 

エサの使い分け

ではエサはどうですか。やはりムク系トップのほうが、軽めのエサを使うのでしょうか?

伊藤 さとし

「亀山湖や片倉ダムに関してなら、ムク系トップを使う人のエサは、どちらかと言えばネバボソ系だよね。マッシュが持つ自然のネバリを利用して、あまり練り込まない。逆に太トップを使う人は『マッシュポテト(徳用)』のほかに、ネバる素材をかなり多用しているからネバリもそうだし比重もあるよね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュポテトを使おう:第5回】左2本がムクトップで右2本がパイプトップ(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

『粘力』とかですか?

伊藤 さとし

「そうだね。あとはネバリが強い麸系エサとか、そもそもネバリや重さがあるマッシュ系エサを『マッシュポテト(徳用)』にブレンドしている人も多いよね」

 

『尺上』とか『マッシュダンゴ』などですね。

伊藤 さとし

「そうだね。あとはネバリの強い麸系エサとかもね」

 

どちらが釣れるの?

どちらがより釣れる釣りですか?

伊藤 さとし

「それは何とも言えないね。たとえば同じ日の同じタイミングで、ある人は太トップ、別の人はムクトップのウキを使用していて、どちらも同じように釣れていたし、どちらも釣れないこともあったからね」

 

つまり、どちらがオススメという釣り方ではなく、自分に合ったほうを選択すればいいわけですね。

伊藤 さとし

「釣りってそういうものでしょう。いくらこっちのほうが釣れるよと言われても、道具やエサの準備がなければ釣りにならない。不慣れな釣り方では、逆に釣果を落とすのがオチでしょう」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュポテトを使おう:第5回】大型狙いの一発取り(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

では、どちらが大型が出やすいですか?

伊藤 さとし

「うーん、それも何とも言えないけれど、印象としては大バリ+大きくてネバるエサの釣りをしている人のほうが、大型を釣っている実績はあるかな。だけどそれはムク系トップウキの釣りをする人が少ないってだけで、やれば大バリ仕様と遜色ない釣りが可能かもしれない。まあ、悩むより慣れろってことだと思うけどね」

 

【マッシュポテトを使おう:第1回】を読む。

【マッシュポテトを使おう:第2回】を読む。

【マッシュポテトを使おう:第3回】を読む。

【マッシュポテトを使おう:第4回】を読む。

次回からは「ヒゲトロでトロ巻きセット」です。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
亀山湖
取材協力:ボートハウス松下 TEL=0439(39)2926
この記事は『週刊へらニュース』2021年7月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。