伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュポテトを使おう:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュポテトを使おう:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「マッシュポテトを使おう」。今回はマッシュが持つバラケ方の特性について考えてみよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

バラケ方は超微粒子

“大型にはマッシュが効く”よく言われることであるし、現に大型釣りをする人の多くがマッシュをメインに使用する。それはなぜだろうか?

一つ目の理由は、大バリ使用で大エサを打つ。ゆえに、エサを大量に消費するから、マッシュでエサをかさ増しして消費量をカバーする。

これが前回までの伊藤の回答だった。だが本人にしても、それがメインでマッシュを使っているとは到底思えない。何か隠れた理由がきっとあるはずだ。

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュポテトを使おう:第3回】伊藤の基エサは軟ネバタッチ(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

それでは、二つ目以降の理由を教えてください。

伊藤 さとし

「前回でも触れたけど、一つはマッシュ特有の細かく下方向に溶けていくバラケ性だよね。麸系の場合はバラけるという表現になるけど、マッシュは溶けていくと書いたほうが正解に近い」

 

なるほど。それはたしかにそうですね。麸系エサだと、剥がれ落ちた粒子がそのままの大きさで漂う(比重によっては下方向にも)イメージですが、マッシュだとほぼ下方向で、しかもその粒子がとてもこまかいですよね。

伊藤 さとし

「そうなんだよ。麸系では、ほぼ真似できないほどの微粒子で溶けていくのがマッシュの特徴だと思うんだ。もちろん集魚成分が含まれていないとか、そういう特徴もあるけどさ」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュポテトを使おう:第3回】バラケ方の違い(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

たとえばマッシュと麸系、それぞれを丸めたダンゴを作って地底に置いておくと仮定すると、麸系だとバラけて形が崩れたとしても、いつまでも底に残っている感じがします。しかしマッシュだとその場に残りづらく、溶けてなくなっているイメージですね。

伊藤 さとし

「エサの練り方とかそういうのも関係するけど、マッシュは基本的には溶けてなくなりやすいだろうね」

 

ペトコンタッチを多用

ゆえに、それが大型狙いとどう関係するのでしょうか?

伊藤 さとし

「つまりね、バラけた粒子が残らなければ、魚はハリに付いたエサを食べるしかないってことにならないかな?」

 

それはたしかにそうですが、それだけでは説得力に欠けませんか?

伊藤 さとし

「では、こう考えたらどうかな。大型を釣るのに、バラケ性は必要ない。いる魚に口を使わせればいい。だとすればバラけた粒子は、かえって魚をハリから遠ざけることにならないかな?」

 

なるほど。それなら理解できます。ですが、それは理想論ですよね。実際は亀山湖や片倉ダムにしても、マッシュ単品で釣っている人なんてゼロに等しいです。

伊藤 さとし

「もちろん。麸エサの力はそれだけ絶大だし、とくに集魚力においてはね。でも実際に釣れる時のエサのタッチを見てみると、ボクも含めてほとんどが水分を多く含んだペトコンタッチだよ。つまり、たとえ麸エサが混じっていようともバラケ方的には微粒子状態であり、下方向に溶けていくようなバラケ方になっているはずなんだよね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュポテトを使おう:第3回】ペトコンだから静かに振り込む(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

つまり、マッシュの素練りと似たようなバラケ性になっている?

伊藤 さとし

「それもそうだし、むしろそういうタッチにしないと大型ベラは興味を示さないし、食ってこないと思う。よほどの高活性ならば話は別だけどね」

 

バラケ方だけでなく、ハリにどう残るかも含めてですね。

伊藤 さとし

「もちろん。そこが肝心なところでもあるんだけどね」

 

では次回は、その肝心な部分をどうセッティングやエサ作りで活かせばいいかを考えていこう。

【マッシュポテトを使おう:第1回】を読む。

【マッシュポテトを使おう:第2回】を読む。

次回も「マッシュポテトを使おう」です。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
亀山湖
取材協力:ボートハウス松下 TEL=0439(39)2926
この記事は『週刊へらニュース』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。