プレジャーボートで楽しむマゴチゲーム 釣りに集中できる「艇の流し方」

プレジャーボートで楽しむマゴチゲーム 釣りに集中できる「艇の流し方」

乗船者と船長の差は、船長は釣りのほかに操船にも注意しなければならない点。今回はマゴチのルアーゲームを例に、手前船長でも釣りやすいドテラ流しの方法を紹介します!

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

船釣り ボート釣り

マゴチとそのポイント

マゴチは夏に産卵を行うためシャローへキスなどのベイトを追って接岸してくる魚で、豪快なヘッドシェイクで釣り人を楽しませてくれる夏の大人気ターゲットです。

ポイントは基本的に広大な砂地エリアですが、比較的ブレイクラインに潜んでいることが多い魚です。

プレジャーボートで楽しむマゴチゲーム 釣りに集中できる「艇の流し方」狙いは砂地のブレイクライン(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

流し釣りがマゴチ向き

マゴチをボートから狙う場合、アンカーを打ってボートを固定して釣りをする方法もありますが、地形が砂地で広範囲にマゴチが潜んでいることを予想するとアンカリングは非効率的です。

そのため、船を風や流れに任せてボートをドテラで流して、広範囲にルアーでサーチすることがマスト。特に、マゴチの寄り場であるブレイクラインに沿ってボートが流れるようにすることで効率的な釣りができます。

手前船頭でマゴチを狙う際の問題点

ボートをドテラで流す上で問題なのが、風や潮任せにエンジンを切って釣りをしていると、フィンキール(ボートの前方部、水の抵抗を受ける部分)が少ないボートは、潮の流れをボート全体で均等に受けられないため、思い通りに流すことができない点です。

プレジャーボートで楽しむマゴチゲーム 釣りに集中できる「艇の流し方」黒色の部分がフィンキール(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

図で表すと、以下のような流れになってしまいます。

プレジャーボートで楽しむマゴチゲーム 釣りに集中できる「艇の流し方」うまく平行に流れない(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

このようにボートが流れてしまうとボートに乗っている全員がストレスフリーな釣りをすることができずに、ボートが予想していた地点に流れないことが多々あります。当然、船長は操船で釣りに集中できないという結果になるわけです。

次のページで解決策を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。