息子と楽しむテナガエビ釣り 止水エリア狙い連発【神奈川・酒匂川】

息子と楽しむテナガエビ釣り 止水エリア狙い連発【神奈川・酒匂川】

7月11日に酒匂川河口で息子とテナガエビ釣りを楽しんだ。遠征を勧めるほどではないが、近隣に住んでいる人には参考になると思うので、ポイントを交え紹介したい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

酒匂川河口でテナガエビ釣り

東京から神奈川に引っ越して4年目の梅雨。この時期はテナガエビ釣りに行くと決めている。東京に住んでいたころは、新左近川親水公園や荒川などで手軽に釣れる印象はあったが、神奈川の西側、酒匂川近辺ではいいポイントが見つからず毎年苦戦。昨年は、一昨年の大増水の影響でまさかのオデコ。「もうテナガはやめよう」と諦めていたが、小4の息子は東京で味わった入れ食いが忘れられないようで「行こうよ」とせがむ。

オデコ覚悟で1週間前から仕掛けを用意し、ポイントを下見、いざ7月11日(日)に酒匂川河口へ出かけたところ「4度目の正直」とでも言おうか、初めていい内容の釣行ができた。東京方面で釣るときの手軽さはないので、遠征を勧めるほどではないが、近隣に住んでいる人には参考になると思うので紹介したい。

9時すぎ、酒匂川河口の酒匂橋に到着。最高気温が30度を超える予報だったため、近くのスーパーで飲み物など熱中症対策商品を購入。

徒歩で河川敷にエントリーし、日陰になっている橋の下近くのポイントへ。

息子と楽しむテナガエビ釣り 止水エリア狙い連発【神奈川・酒匂川】釣り場周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

橋下近くは不発

ここは前日の夕方に下見した際、釣り人がいた。釣れていそうな雰囲気ではなかったが、まずはここからやってみる。川は連日の雨で増水気味。濁りがあり、クリームソーダ色。

ここの川岸一帯は、両岸とも消波ブロックで組まれている。「陰になっている場所が有望だろう」と、エサの赤虫を付けて仕掛けを入れてみるが、流れが強くて落ち着かない。

息子と楽しむテナガエビ釣り 止水エリア狙い連発【神奈川・酒匂川】釣れそうだが流れが速くてダメ(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

そして、掛かるのは草木とダボハゼばかり。高低差があり、子どもが竿を出すにはちょっと危なっかしい。

橋下の日陰が近いのは、涼めるポイントとしてありがたいが、釣りにならなくては話にならない。

息子と楽しむテナガエビ釣り 止水エリア狙い連発【神奈川・酒匂川】ダボハゼも顔を出した(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

下流に移動し本命ゲット

仕方なく上流に向かい、背丈くらいあるヤブをかきわけていく。消波ブロックが入っていて、少し開けた場所を見つけて、そこで竿を出してみる。暑さもあって、すでに諦めモード。

イチかバチかで4本の竿を用意してブロックのすき間を狙ってみる。すると3本の竿にはダボハゼが掛かったが、1本は本命らしいクーンクーンという小気味いい引き。「もしや」と思って慎重に抜き上げると7cmの本命。期待していなかっただけに、かなり嬉しい。

息子と楽しむテナガエビ釣り 止水エリア狙い連発【神奈川・酒匂川】良型にご満悦の息子(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

止水の深場で日陰がキー?

「ここがすみかなのかもしれない」と、息子に集中的に狙わせると、なんと3連続でヒット。しかも10cm以上。

それ以降は続かなかったが、ここのポイントは、消波ブロック同士のすき間で止水になっているような場所。そして底が見えないような水深で、おそら50cm~1mくらいあり日陰になっている。こういう場所がテナガのすみかであり、かつ、釣りになるポイントなのだろう。

息子と楽しむテナガエビ釣り 止水エリア狙い連発【神奈川・酒匂川】テナガエビが連続ヒット(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

いい場所では5連発も

同様の場所を探し、竿を各所に置いて様子を見ていくと、いいところでは5連発。しかも最大15cmが登場。1投1尾で釣れる様は、まさにテナガマンションを見つけ出した感覚。

まだまだ釣れる雰囲気はあったが、釣り過ぎても食べ切れないし「貴重な資源として残っていてほしい」と願い、正午に13尾で終了した。

息子と楽しむテナガエビ釣り 止水エリア狙い連発【神奈川・酒匂川】当日の釣果(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

釣果は天ぷらで賞味

ポイントさえ当たればエサを付けて仕掛けを入れるだけでよく、アワセや誘いなど関係なく食ってきた。驚いたのは一度もバラシがなかったこと。

流れが緩いところで釣ったとはいえ、ほんのすぐ先に本流の強い流れがある。そこにテナガが引き込んでエサを捕食するためか、がっちりとハリ掛かりしていた。

釣ったエビは、すぐに焼酎を混ぜた冷たい水に漬けて持ち帰り、よく洗って濃いめの衣で天ぷらにした。絶妙な甘さがあり最高の食卓を演出してくれた。

息子と楽しむテナガエビ釣り 止水エリア狙い連発【神奈川・酒匂川】ハサミを伸ばして”映え”(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

次のページで攻略の要点を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。