メバリングロッド流用でイカメタルに挑戦 活性高く良型の数釣り堪能

メバリングロッド流用でイカメタルに挑戦 活性高く良型の数釣り堪能

夏でも夜釣りで快適に楽しめるイカメタル。今回は専用ロッドがない初心者の著者が、メバルロッドの代用で挑戦してきました。当日の釣りの模様と代用の注意点を紹介します。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

メバリングロッド流用イカメタル

イカ特有の小さなアタリを感じとり掛けていくイカメタル。サオ先が持ち上がったり、引っ張られたり、もぞもぞしたり……はっきりと手にくるアタリの方が稀な釣りでもあります。

そのため、ロッドのティップは小さなアタリを最大限捉えるために軟らかく、バット部分はアクションをつけるためにしっかりとした作りのものが理想。

専用品が理想なのかもしれませんが、今回は陸っぱりで使っているメバル用ロッドを代用品としました。7ft5inchで、MAX15gまで扱える少しハリのあるモデルです。リールはスピニング2500番にPEライン0.5号をセットしました。

手返し重視のためメタルスッテにドロッパー1個の仕掛けで挑みました。

健洋丸でイカメタル

今回は山口県の健洋丸さんにお世話になりました。18時に出船し、20分ほどでポイントに到着。水深は80m弱です。まだ明るい時間なので、ボトム狙いとなります。

メバリングロッド流用でイカメタルに挑戦 活性高く良型の数釣り堪能ポイントへ向かう健洋丸(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

ボトム狙いの時、メタルは周りに合わせて20~25号を使うことになりますが、これが想像通りしんどい。メバルロッドであるためバット部分はそこまで強くありません。アクションをつけようにもサオが負けてしまって、メリハリのあるアクションを付けることができないのです。

そうこうしているうちに暗くなりライトが点灯。少し浮き気味になったイカからようやくコンタクトがありました。パラソル級の良型をキャッチです。

メバリングロッド流用でイカメタルに挑戦 活性高く良型の数釣り堪能パラソル級キャッチ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

その後もポツポツと追加して9時ごろになるとライトが完全に効き始め、イカのタナが一気に上に上がってきました。水面から20mのところで頻繁にアタリが出るように。ここからは入れ乗りモードです。

次のページで「代用ロッドの注意点」を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。