今さら聞けないチニングのキホン:「ブラックバス」タックルは流用可?

今さら聞けないチニングのキホン:「ブラックバス」タックルは流用可?

チヌは比較的簡単に反応すること、そして力強い引きが魅力だ。ちょっと試してみたいというのなら、タックル流用がお勧め。ここではバスタックル流用のチニングを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

バスロッドでチニングデビュー

チヌの釣り方もいろいろだが、ルアーにも反応がいい。チヌは悪食なので、目の前を通ったボリューム感あるものを、とにかく食いにくる。消しゴムなんかでも釣れることがあるようで、面白い。

そういうわけで、初級者以上のバスアングラーならば、あえて魚に寄せた専用的なセッティングをする必要もないだろう。むしろ手馴れている分、スピニングでもベイトでも、自分のバスタックルが使いやすい。そして素晴らしいことには、ラインやルアーもそのまま流用できる。筆者もチヌは相当数釣っているが、ほとんどバスワームだ。チニングワームで釣ったのは1匹くらい。

釣り方も何もかもよく似ている

チニングとバスフィッシングは、釣り方から何からよく似ている。

カバー打ち、キワ打ち、橋脚打ち、リバーのコーストレースなど。単にバスのフィールドでやっていることを、海や汽水域に持ってくるだけで成立してしまう釣りともいえる。ちなみに大阪のチニングの聖地である淀川では、冬までトップ(ポッパーなど)で食う。

ポイントさえ間違わなければ、チヌは釣れやすい魚だ。バスも格好いい魚だが、チヌはそれより渋いと個人的に思う。縦縞がきれいな40cmくらいの銀色の若い個体がいい。

今さら聞けないチニングのキホン:「ブラックバス」タックルは流用可?縦縞が美しいまあまあの型(提供:TSURINEWSライター井上海生)

キワのミドスト推奨

では、具体的に「まず1匹どうすれば釣れるか」と聞かれたら、キワのミドスト、だ。

キワに2~3inch級のワームを落として、多少レンジをかえながら漂わせていると、どこかでガツンとヒットする。やり取りに小細工は必要なし。チヌは夕マヅメに活性が高い魚だが、チヌ師は日中でも普通に釣っているので、そのへんもバスと同じと考えてもいいだろう。日中にミドストさせていても、食い気のヤツがいれば食う。

ただブラックバスのようにランディングが簡単な魚ではないし、また間違ってもバス持ちできる口ではないので、タモは必須である。

今さら聞けないチニングのキホン:「ブラックバス」タックルは流用可?鋭い歯が並ぶ口(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページではレンジとラインについて考察

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。