『ウキ回収パラソル』をちょいカスタムする方法 目指せ回収率100%

『ウキ回収パラソル』をちょいカスタムする方法 目指せ回収率100%

ウキ回収パラソルを使ったのに回収できずになくしてしまったウキ、ありませんか?今回はそんな「ウキ回収パラソル」をちょっとカスタムしてより使いや数する方法を紹介します。目指せ回収率100%!

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

その他 お役立ち

使用時の注意点

そして、使うにあたって重要なのが、準備するタイミングだ。イトが切れてしまった場合は仕方がないが、地球を釣ってしまったりして、このまま引っ張ったら切れそうだと思うときは、切れるより先に手元に道具を準備するといい。

準備できてから、ミチイトを引っ張ってプチンと切ると、すぐにウキ回収パラソルをくくりつけて回収作業に移行することができる。

なお、浮かんだウキの前で投入したパラソルの速度を緩めたり止めたりすると、ウキがうまく収まらないことがあるから注意が必要。また、ウキがパラソルに収まったからといって、急に速度を速めると、水の抵抗でパラソルが大きく開いてその間から、抜けてしまうので、同じ速度で巻いてくることにも注意してほしい。

ウキ以外も回収可能

しかし、この道具で回収できるのは、ウキだけではない。まきえさシャク回収器や竿回収器や、バッカン回収器にもなる。

過去には、改良型遠投用ロングのまきエシャクをエサよりも遠くに飛ばしてしまったことがある。「そうだ、試してみよう」とウキ回収パラソルを投げてみると、パラソルに引っ掛かって回収できた。

この経験が活きて、その後に折れて流れたサオ先も回収できた。時間がかかったが、バッカンが流された時にも、重いので波の動きに合わせて少しずつゆっくり時間をかけてだが、回収したこともある。本当に、優れものの、道具だと思う。

皆さんも、ウキ回収パラソルを、忍ばせて、磯釣りに出かけてみては、いかがでしょうか。1回でも役に立つと、あー準備してよかったと思うはず。

<濱堀秀規/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。