『ウキ回収パラソル』をちょいカスタムする方法 目指せ回収率100%

『ウキ回収パラソル』をちょいカスタムする方法 目指せ回収率100%

ウキ回収パラソルを使ったのに回収できずになくしてしまったウキ、ありませんか?今回はそんな「ウキ回収パラソル」をちょっとカスタムしてより使いや数する方法を紹介します。目指せ回収率100%!

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

その他 お役立ち

ウキ流失事故

チヌ釣りでは底を狙うことが多いので、根掛かりでラインブレイクしたり、海藻に潜んでいるチヌがハリ掛かりと同時にワカメの下に潜り込んでラインブレイク、ついでにウキもさよならというのは、よくあること。

底やシモリの際、海藻の周りを狙ううえ、積極的に攻めている釣り師ほどミチイトも細く、ラインブレイクでウキがさよならしてしまうことも多いと思う。そんな時に私の相棒として活躍するのが、ウキ回収器である。

『ウキ回収パラソル』をちょいカスタムする方法 目指せ回収率100%ウキの回収に成功(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

ウキ回収器とは

ウキ回収器は、ラインブレイクなどでウキが切れてしまった際に、仕掛けのかわりにラインの先に付けて、ウキを回収するのに使う道具である。このウキ回収器で千円のウキを1個回収すると、千円。2個回収すると2千円の儲けである。

ウキがグッバイしてしまっても平気な人も多いが、最近は高価なウキも多く、1個で渡船代金くらいするウキもある。回収できるのなら、当然その方がいいだろう。しかも、このウキ回収器はウキを1~2個回収すると元が取れる。ウキ回収以外も使えるので、後で説明するカスタムをしたとしても十分元が取れるほどである。

昔、ウキ回収器を持っていないときに、長崎県五島列島の遠征釣りで、1日で7個もウキを流してしまったこともあった。ウキ回収器を持っていれば、大きな損がなくなると考えて、それ以後は常に携帯している。

市販品の欠点

市販品をそのまま使っても、もちろん問題はない。ところが、市販品には欠点もある。それは次の通り。

1.飛距離が短い

ウキ回収器をミチイトの先にくくるのだが、切れたミチイトの先を手元に持ってくるときに、サオのガイドまでも抜けてしまい、準備段階で時間がかかってしまうことがある。潮の流れ方にもよるが、グレ釣りなどいい流れの潮の時には、準備を整えた時にははるかかなたに流れていて、飛距離が足りないことがある。

2.ミチイトを通す穴が小さい

また、ミチイトを通す穴が小さく老眼だと見にくい。もたもたしている間に届かない距離に流されてしまうこともある。

3.傘が開き過ぎる

市販品の種類によっては、海面に着水したときに傘が開きすぎて、ウキが抜けてしまうモノもある。

次のページでは具体的なカスタムを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。