【釣果レシピ】ムギイカお刺身アレンジ2選 イカ納豆&イカのなめろう

【釣果レシピ】ムギイカお刺身アレンジ2選 イカ納豆&イカのなめろう

今回は旬のムギイカのお刺身を切って混ぜるだけの、かんたんすぎるアレンジレシピを2種類ご紹介いたします。普通のお刺身も合せて、3種の味の違いを楽しんでみてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

その他 レシピ

美味なムギイカ

スルメイカの新子のムギイカ。名前の由来は諸説ありますが、筆者的にはムギイカの姿と色が小麦の穂に似ているという説の納得性が高い気がしますが、まあ、細かいことは気にしない気にしない。

さて、ムギイカは煮てよし、焼いてより、揚げてよし。どうやって調理してもおいしいのですが、やはり釣り人としては釣り立てでいただく刺身は格別です。今回はムギイカのお刺身を切って混ぜるだけのかんたんすぎるアレンジでおいしくいただけるレシピを2種類ご紹介いたします。フツーのお刺身追加すればあっという間に3品完成し、まさにイカ三昧です。

【釣果レシピ】ムギイカお刺身アレンジ2選 イカ納豆&イカのなめろう姿と色が小麦の穂に似ているムギイカ(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

釣り場での下処理

一般的に釣魚はクーラーボックスに氷または海水氷などをたっぷり入れたなかにぶち込んで冷やして持ち帰りますが、ムギイカなどのイカ類は身に真水や氷がじかに触れるのはNGです。

仮に魚と同じように氷や水に直接触れている状態で持ち帰ってしまうとせっかく釣ったイカの鮮度が落ちてしまい水っぽく締まりのない残念なクオリティになってしまいます。せっかくのイカが台無しになってしまい遺憾です。

ですので、釣ったイカは釣り具メーカーのイカ専用トレーや市販のザルなどを使い水気をよく切ってチャック付ポリ袋などを駆使して真水や氷にじかにイカの身がふれないように工夫して持ち帰りましょう。

筆者は100均の網目状のトレーを活用しております。また、ムギイカを自宅で捌くときもできるだけ水に触れる回数と時間を少なくするよう気をつけましょう。

【釣果レシピ】ムギイカお刺身アレンジ2選 イカ納豆&イカのなめろう直接氷や水に触れない工夫を(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

自宅での下処理

ムギイカの胴体に指を入れてゲソとワタを胴体から引き抜きます。胴体からエンペラを切り離し、胴体のエンペラが付いていた箇所から指を入れて胴体から皮を少しずつ剥がします。皮を全部剥がしたら胴体を包丁で縦に切り開きます。開いたイカの胴体を軽く水で洗いキッチンペーパーなどで水分をしっかり吸い取ります。

【釣果レシピ】ムギイカお刺身アレンジ2選 イカ納豆&イカのなめろう下準備完成(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

次のページでお刺身アレンジレシピを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。