【2021】中部圏を代表するSLJ好場「大山沖・志摩沖・三国~鷹巣沖」攻略法

【2021】中部圏を代表するSLJ好場「大山沖・志摩沖・三国~鷹巣沖」攻略法

近年人気沸騰中のスーパーライトジギング。簡単に楽しめてアタリの多いこの素敵なオフショアゲームについて、中部圏を代表する3つのエリアの攻略法を踏まえ紹介したい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

三重県のリアルタイム天気&風波情報

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

中部エリアのSLJフィールド

スーパーライトジギングは従来のライトジギングよりも、さらにライトなタックルと小さいジグを使い、根魚や青物、マダイ、イサキなどを狙うゲーム性に富んだジギングだ。

中部エリアにおけるスーパーライトジギング(以下SLJ)のフィールドは、大きく3つに分けられる。愛知県は渥美半島の沖に位置する大山沖と、浅場がメインの三重県・志摩沖、そして福井県の三国~鷹巣沖だ。この3つのエリアでは、船の流し方や釣り方も全く異なるものとなる。

【2021】中部圏を代表するSLJ好場「大山沖・志摩沖・三国~鷹巣沖」攻略法SLJを始めよう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

まず愛知県の大山沖。こちらは水深40~70mと比較的深く、無数に点在するブロック漁礁をピンポイントで攻めていく。したがって船はスパンカを立てて、風に向けて立たせる流し釣りが基本。ラインはまっすぐ真下に落ちていき、高さのあるブロック漁礁に着くイサキやマダイ、ハタ類などを狙っていく。

一方三重県の志摩沖は、広大な天然瀬をドテラ流しで攻めていくスタイル。水深は10~40mの浅場が多く、ポイント一帯が瀬なので根魚の魚影が抜群に濃い。もちろんベイトが入れば、青物やマダイなどの大型魚もヒットする。

SLJターゲット

SLJで釣れる魚は、非常に多岐にわたるが、季節的にやっぱり狙いたいのはイサキだ。麦わらイサキとか梅雨イサキと呼ばれ、腹に白子や真子を詰め込んで身には上品な脂をまとう。まさに今が旬のターゲットだ。

【2021】中部圏を代表するSLJ好場「大山沖・志摩沖・三国~鷹巣沖」攻略法メインターゲットはイサキ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

そして最もヒット率が高いのが、アカハタやオオモンハタなどのハタ類だ。

【2021】中部圏を代表するSLJ好場「大山沖・志摩沖・三国~鷹巣沖」攻略法近年増加中のアカハタ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

キジハタやマハタ、アオハタも交じり、ハタだけで五目釣りになることもしばしば。もちろんどのハタも食べて抜群においしいが、キープはほどほどにしておきたい。

【2021】中部圏を代表するSLJ好場「大山沖・志摩沖・三国~鷹巣沖」攻略法ハタ類の王様マハタ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

他にベイトに着いたマダイや青物に加え、ヒラメやマゴチといったフラット系、オジサン、マトウダイ、ホウボウなどのちょっと変わった系もよくヒットする。

【2021】中部圏を代表するSLJ好場「大山沖・志摩沖・三国~鷹巣沖」攻略法ホウボウもジグに好反応(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ジグが小さいだけに、ヒットする魚種はとにかく多彩。五目どころか、10目釣りだって珍しいことではないのだ。

【2021】中部圏を代表するSLJ好場「大山沖・志摩沖・三国~鷹巣沖」攻略法もちろんカサゴも(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

次のページは基本的なタックルについて紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。