今さら聞けないルアー釣りのキホン:代表的ライン種類と使い分け術

今さら聞けないルアー釣りのキホン:代表的ライン種類と使い分け術

釣りイトには様々な種類がある。釣り物ごとに使い分けが必要となり、ショックリーダーの結束が不可欠のイトも。ラインについて、基本的な情報と使い分けについて紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

PEライン

現在ソルトルアーで主流となっているのはPEラインだ。PEとはポリエチレンという素材で、特長として、同号数でも他ラインと比べると強度が強く、キャスト時の飛距離が伸びやすい。また感度が非常に高い。

PEラインは細い糸が編みこまれたラインで、主には4本編み、8本編み、12本編みがある。編み数が多いほど、一般には同号数でもラインが細くなり、また強度も高くなる。ただ編み数に関しては必ずしも多い方がいいというわけでなく、釣り人各自の感覚で、4本編みの方がイトのもつれや毛羽立ちが少なくて使いやすい、などの意見もある。

今さら聞けないルアー釣りのキホン:代表的ライン種類と使い分け術PEラインが海釣りの主流(提供:TSURINEWSライター井上海生)

PEラインの短所

そんなPEラインの短所は……

・ショックリーダーの使用が不可欠

PEラインは摩擦に弱い。ちょっと岸壁やストラクチャーに擦っただけで切れてしまう。直結すると魚の引きですっぽ抜けたり、歯で切られたりする。そのため、ショックリーダーの結束が不可欠となる。

・浮力がある

PEラインの短所としてしばしば挙げられるのが、浮力だ。水に対する比重が0.98程度と軽い。特にこれは軽量リグ使用時に顕著な弱点で、イトが海面に入るまで空中にあるところでふわふわしてしまう。また海中でも弛みが出るので、繊細な魚のバイトは拾いにくい。

号数ごとの主な釣り物(陸っぱり)

0.1~0.5号:アジ、メバル、チヌ(ライトブリーム)
0.6~0.8号:タチウオ、小型・中型青物(ライトショアジギング)
1~1.2号:大型根魚、中型以上の青物(ショアジギング)

エステルライン

エステルラインは、ポリエステル製のラインで、水に対する比重が1.4程度と軽量リグを沈めやすいのが特長だ。主には管釣り、アジング、また強風時のメバリングで用いられる。特にアジングで1g以下のリグを使用するときの投げやすさ、ラインメンディングのしやすさは抜群のものがあり、現代アジングのメインラインとなっている。

今さら聞けないルアー釣りのキホン:代表的ライン種類と使い分け術アジングはエステルで(提供:TSURINEWSライター井上海生)

エステルラインの短所

そんなエステルラインの短所は……

・バックラッシュしやすい

エステルラインはイト同士が引っ付きやすい性質があり、バックラッシュしやすい。これは釣り人のキャスティング技術の向上である程度防げるが、ゼロにはできない。

・強度が低い

エステルラインは強度が低い。0.3号でも1.4lb程度しかなく、0.2号の場合1lb程度まで落ちる。そのため、ドラグは緩めに入れ、魚のバイトや引きに対して、ラインブレイクしないような調整が必要となる。またショックリーダーの結束も欠かせない。

号数ごとの主な釣り物(陸っぱり)

0.2~0.3号:エリアトラウト、アジ、小型メバル、
0.4号:大型アジ、中型メバル、メバリングの強風対応
0.5、0.6号:特殊な状況でのメバリング、アジング

次のページではフロロカーボンラインを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。