伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「カクシンで両ダンゴ革新」。今回は両ダンゴ用のベースエサとして発売された新エサ『カクシン』のブレンド性について考えてみる。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

ブレンド性について

今回はブレンド性についてですが『カクシン』は、そもそもブレンドして使うエサですか?それとも単品?

伊藤 さとし

「それはユーザーが決めることでしょう。とくに単品がいいとか、ブレンドしてはダメなんてことはないよ。むしろブレンド前提で使ったほうが、このエサの特徴を生かせるだろうしね」

 

“軽くて芯残りする”が『カクシン』の特徴ですから、そこにプラスアルファを求めたいならブレンドすればいい、そういうことですよね。ではどのようなブレンドがオススメでしょうか?

伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第4回】『カクシン』と相性のいいエサ3種(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「『バラケマッハ』『コウテン』『凄麩』なんかが面白いよね。比率はいずれも『カクシン』500ccに対して各粉が200cc+水200cc。簡単でしょ」

 

エサの配合3例

ブレンドするエサそれぞれの特徴は、以下のとおり。

『バラケマッハ』……これをブレンドすることで微粒子のバラケ性が増し、エサ玉の開きが増す。

『コウテン』……カクシン単品よりも若干だが比重が増し、エサの芯が硬めに仕上がる。あと少しだけ、エサの踏ん張りをアップさせたい時に有効。

『凄麩』……エサの膨らみが増して、粗目の麸によって視覚的なアピール力にもつながる。

伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第4回】ブレンド効果(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

ブレンドするエサはそれぞれ粉200ccのようですが、たとえば『カクシン』600ccでブレンドエサが100ccではダメなんですか?

伊藤 さとし

「そんなことはないよ。ただ少なくとも、『カクシン』の分量は500ccをリミットにしたい。これ以下だと『カクシン』のオリジナリティーが活かせなくなるからね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第4回】『バラケマッハ』との配合を試す(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

つまり何をブレンドするにしても、粉の総量は700ccで『カクシン』の最低必要量は500cc。そして水が200ccということですか?

伊藤 さとし

「そのような目安でいいと思うよ。まあでも、これらはあくまで基エサの話だから、そこから手水なり手もみなどを加えて微調整していくのは言うまでもないよね」

 

色々試してみよう

個人的にはマッシュエサのブレンドにも使えるのではと考えているのですか、いかがですか。

伊藤 さとし

「それは面白いね。とくに浅ダナ狙いのマッシュにはいいかもね。そうでなくてもマッシュは持たせるのが難しいエサの一つだから、『カクシン』をブレンドすることでマッシュエサが簡単に扱えるようになるかもしれないね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第4回】作りたてはむっちり&しっとりタッチ(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

では、トロ巻きセットのバラケはどうでしょうか?

伊藤 さとし

「(トロ巻きセットは)バラケが付いている時にアタらせる釣りだから、芯残りのよさがウリの『カクシン』なら、配合パターンによっては、いい仕事をしてくれそうだね。まだやったことはないけど、今度試してみるよ」

 

オススメのブレンド例が見つかったら、教えてください。

次回は「マッシュポテトを使おう」です。

【カクシンで両ダンゴ革新:第1回】を読む。

【カクシンで両ダンゴ革新:第2回】を読む。

【カクシンで両ダンゴ革新:第3回】を読む。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
つり処椎の木湖
この記事は『週刊へらニュース』2021年6月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。