伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「カクシンで両ダンゴ革新」。今回はなぜいま両ダンゴ用のベースエサなのかをひも解く一つのカギ・芯残りについて考えてみよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

新エサ『カクシン』が登場

いよいよ新エサ『カクシン』の発売が間近に迫りましたね。マルキユーが公式発信しているへら鮒天国にも動画が掲載されているので、すでにご承知の方も多いはずです。

伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第1回】芯残りがウリの『カクシン』(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「発売予定は6月上旬だから、もうあと少しの辛抱だね」

 

カテゴリーとしてはネバ系の両ダンゴ用エサですよね?

伊藤 さとし

「基本的にはね。でもそこから派生して、いろいろな釣りにも徐々に使われるようになるだろうね」

 

パッケージには次のように書かれています。”芯に自信アリ!”。まさに芯残りを最大のウリにしているということでしょうが、そもそもエサの芯とはどういうことでしょう?あらためて解説をお願いします。

エサの芯残りとは

伊藤 さとし

「であれば、まず両ダンゴ釣りの特徴を理解するほうが先だろうね」

 

両ダンゴの特徴と言えば高活性時の釣り、共エサの釣り、寄せながら食わせる、などですか?

伊藤 さとし

「だよね。つまりダンゴそのものを食わせる釣りであって、そこに食わせ系的なエサは一切存在しない」

 

なるほど。たとえばウドンのような固形物ではないから、いつかは溶け落ちてしまう。

伊藤 さとし

「そういうこと。つまり、なくなっちゃうエサをなくならないようにしないと、この釣りは成立しない。そこが両ダンゴの面白さであり、難しい面でもあるんだけどね」

 

なくなる=ハリにエサが付いてない、という方程式を解くには、ハリにエサが付いている状態を作ればいい。それがエサの”芯”ということですね。ではそもそも、芯って何ですか?

伊藤 さとし

「芯と言うだけでは意味があまり通じないけど、芯残りと書けば理解しやすいんじゃないかな」

 

なるほど、それなら分かりやすいですね。要はどれだけエサがハリに残るかという話ですね。

伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第1回】練り込むことが芯残りではないらしい(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「そう、芯を作ると言うと、エサを練り込んで持たせるみたいなイメージが強くなるじゃない?でも自分が作ったエサがどれだけ芯残りするのかってことなら、ナジミ幅つまりはウキとの整合性がつけやすいんじゃないかな。何と言っても、ヘラ釣りはウキ(トップ)の目盛からでしか情報が得られないんだから」

 

芯残りを誰でも簡単に

エサが持っていなければ=ハリに付いていなければ魚は釣れない。至極まっとうな話ですね。

伊藤 さとし

「でもそれってスタート時点の話であって、そうすればより多く釣れるようになるわけじゃないからね。芯残りはあくまで基本であって、そこから釣れるようにするには、さらなる創意工夫が求められる」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【カクシンで両ダンゴ革新:第1回】芯残りの大切さ(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

その創意工夫が詰まったものが、今回新発売される『カクシン』だと?

伊藤 さとし

「そういうこと。満を持してマルキユーが両ダンゴ用エサとして発売するのだから、釣れるエサになっていなければ意味がない。なかでも芯残りの領域は、場合によっては上級者でも一筋縄じゃいかないことも多い。それを誰もが簡単に達成しやすいようにしたのが新エサ『カクシン』であって、そのネーミングの由来でもあるんだ」

 

では次回、『カクシン』の特徴をさらにかみ砕いて解説をお願いします。

次回も「カクシンで両ダンゴ革新」です。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
つり処椎の木湖
この記事は『週刊へらニュース』2021年6月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。