【2021静岡】鮎トモ釣りオススメ河川:興津川 流れ穏やかで釣りやすい

【2021静岡】鮎トモ釣りオススメ河川:興津川 流れ穏やかで釣りやすい

アユのトモ釣りオススメ河川として、興津川を紹介する。おもな支流に、黒川、布沢川、中河内川、小河内川があり、中河内川は比較的規模が大きく短竿でのアユ釣りが可能。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース特別版APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

人気の高い興津川

山梨県・静岡県境の田代峠に源を発する興津川は、清水市清水区内を南流したあと、駿河湾に流入する延長22kmの二級河川。おもな支流に、黒川、布沢川、中河内川、小河内川があり、中河内川は比較的規模が大きく短竿でのアユ釣りが可能。

流域には茶畑が広がり、近くには三保の松原などがあり風光明媚な場所。また、由比のサクラエビやシラス、遠洋漁業の基地としての焼津など、周辺はグルメにも事欠かない。都内からはやや距離のある釣行となるが、昼は釣り、夜はグルメと遠征するには最高だ。

同川の天然遡上については情報が入っていないが、漁協では4月に入ってから、放流を開始しており、5、6回に分けてこまかく分散放流されている。例年通りなら、人工産、海産などを4t近く放流する。

中規模河川であるにも関わらず、同川の人気は高い。その理由は東日本で解禁が早い河川の1つであることが挙げられる。例年、同川は5月20日に解禁。解禁日には、遠くは東北や関西圏から遠征する人も少なくない。きめこまかい肌と香り高き魚体も人気の理由。比較的穏やかな川であるため、釣りやすいのもその魅力だろう。

初期は上流で良型放流狙い

同川は初期、盛期、終期で釣り場やポイントが異なる。初期の下流は天然遡上が多く、小型ばかりで釣趣にやや欠ける。初期は、型のいい放流物が多い上流部を狙う。

【2021静岡】鮎トモ釣りオススメ河川:興津川 流れ穏やかで釣りやすい大釣りの日はこんな釣果も(提供:週刊つりニュース特別版APC・藤崎信也)

遡上が成長した盛期は全川で釣果が望めるが、上流域は避けたほうがいい。アブがうるさく、バーベキューの盛んな土地がらである。上流部はキャンプ場が多く川遊びが始まると釣りにならない。終期には、天然アユが20cm超級にまで成長し、それらを狙う。

次のページでは具体的なポイントを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。