美味しいシーバスの見分け方 尾ビレ付近の筋肉の付き方がポイント?

美味しいシーバスの見分け方 尾ビレ付近の筋肉の付き方がポイント?

汽水域から沖合まで生息範囲が広いとされているシーバスですが、食べておいしいシーバスとそうでないシーバスが存在します。今回はその簡単な見分け方を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

その他 お役立ち

おいしいシーバスの特徴

個人的に感じているおいしいシーバスの特徴は「尾ビレ付近の身が発達している個体」です。

青で囲まれた部分が太く発達しているシーバスはおいしい個体が多いと思います。尾ビレ付近が発達しているシーバスは常に回遊して、エサを積極的に追いかけ回しており、潮流の速い場所を好んでいるからではないかと思います。

美味しいシーバスの見分け方 尾ビレ付近の筋肉の付き方がポイント?尾ビレの付け根に注目(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

このように自分なりにおいしいと思うシーバスの魚体を考えるのもシーバスゲームの楽しみの一つかもしれません。

<杉浦永/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。