今さら聞けない『アカハタゲーム』の基本:代表的なフック種類とサイズ

今さら聞けない『アカハタゲーム』の基本:代表的なフック種類とサイズ

アカハタゲームに使用するオフセットフックはさまざまなタイプがある。今回はフックの種類とサイズについて解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アカハタゲームのフック

アカハタは他のハタ同様にエサを一飲みで捕食することが多い。そのためアカハタゲームに使用するフックのサイズは大きくても問題ない。ワームのサイズに合わせたフックのサイズを選択して狙うことが必要となる。

オフセットフックが有効

アカハタゲームにはオフセットフックを使用することが一般的である。オフセットフックはワームをセットする時にハリ先が出ないようにセットするため、根掛かりしにくいことが特徴である。根掛かりを起こしやすい岩礁帯をタイトに攻める必要があるアカハタゲームにおいては、最も有効なフックだ。

オフセットフックの種類

オフセットフックには、アイと呼ばれるイトを結ぶ輪っかの部分が縦になっているものと横になっているものの2種類がある。アイが縦になっているフックを縦アイ、横になっているフックを横アイと呼ぶ。それぞれの特徴について述べる。

縦アイ

縦アイはロックフィッシュゲームによく使用されるタイプだ。アカハタゲームで直リグを使用するアングラーも多いと思うが、縦アイのフックで直リグを作るとスプリットリング、シンカー、フックの3点で作成できるため簡単で便利だ。

今さら聞けない『アカハタゲーム』の基本:代表的なフック種類とサイズ縦アイは直リグに向く(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

もちろんテキサスリグでも使用できる。アカハタゲームにおいてはこの縦アイのフックを持っておくことをオススメする。

横アイ

アイが横になっている横アイのフックは、直リグを作る時に縦アイよりもパーツが増える。先ほどのスプリットリング、シンカー、フックに加えサルカンを使用しなければならないため、作成する時に縦アイより複雑になる。しかし直リグを全く使用しないアングラーには、テキサスリグやフリーリグなどで問題なく使用できる。

今さら聞けない『アカハタゲーム』の基本:代表的なフック種類とサイズ横アイのオフセットフック(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

次のページでフックの「ゲイブ幅」について解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。