磯フカセチヌ釣りで本命7匹 好ゲストにマダイやイシダイも【徳島】

磯フカセチヌ釣りで本命7匹 好ゲストにマダイやイシダイも【徳島】

乗っ込みシーズンに突入した蒲生田の磯へフカセ釣りでチヌを狙って釣行。バラシもあったが本命7匹をゲットした当日の模様をお届けする。

徳島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

海釣り 磯釣り

蒲生田の磯でチヌフカセ釣り

昨年、岡本キノコ園さんの段取りで、阿南市の伊島磯釣行の動画撮影に行ったときは散々だったので、今度は私の段取りで、伊島磯釣行のリベンジを図ることにした。

4月18日(日)は、3日前事前の天気予報では雨風で海は大荒れとの情報だったが、春は天気の移りかわりが早く、風の方向が北西にかわり、波は抑えられる状況に変化した。事前情報から釣行を取りやめた釣友もいたが、やる気満々の渡辺君に、主役の岡本さん、ベテランの井上さん、蒲生田を知り尽くした工藤さんと私の5人での釣行となった。

住吉丸の棚橋金次郎さんは体調もよく、私たちを安全に磯まで運んでくれた。「金さん、何歳になるん?「わしは82歳じゃ」「元気でおってよ。やめる渡船もあるけんど、金さんが居らんようになったら、蒲生田や伊島に行けん様になるけんな。たのむでよ」と挨拶を交わして出船。

磯フカセチヌ釣りで本命7匹 好ゲストにマダイやイシダイも【徳島】伊島の朝日(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

棚橋金次郎渡船で岬の軍艦へ

春の乗っ込み時期だというのに、磯へは私たちだけである。他の船も見かけない。貸し切り状態である。渡船基地から椿湾を出て、蒲生田岬の先端にさしかかる。名勝「岬の軍艦」が見えたところで、岡本さんに「ここに降りよう。おおきな磯やから、どこでも釣れるよ」と言って二人で上がった。

「岡本さん、ここには上がったことあるん?」「いや初めてです」」「えーそうなん?蒲生田は、あんまり来たことがないの?」「ほぼないです」「今は、どないしたって釣れるいけん、いけるわよ」と会話をして、まずは仕掛けをこしらえることにした。

「岡本さん。どんな仕掛け?仕掛けを教えて」カメラの前でスラスラと上手に答える岡本さんである「竿1.2号、道糸1.7号」。ハリスは1.2号。ウキは0号。ハリはヤイバX2号」とのこと。「うーん。うまい人はちゃうなあ。えらい細仕掛けやなあ」「相手はチヌなんでこんなもんでしょう」と余裕で答えてくれた。

私は、ハリスは2号、竿は1.5号、ウキは3Bである。岡本さんよりも太くてタナもきっちりとれる重い掛けである。

当日のエサ

チヌはエサが決め手と思っている。阿波釣法では「くさいエサほどチヌが寄ってくるんじゃ」と言われるが、春のチヌは、匂いに加えて、底まできっちり届き、煙幕のにごりができるエサがよりと考えている。そこで、今回私が選んだのは、チヌパワー激濁り3袋に、チヌパワームギスペシャル、Bツーチヌ、チヌパワーVSPである。

磯フカセチヌ釣りで本命7匹 好ゲストにマダイやイシダイも【徳島】使用した配合材(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

そして、さしエサも食わせオキアミLと丸えびイエローの加工餌。さらに、練りエサも準備して、食わせ練り餌チヌと真鯛イエローである。春のチヌも練りエサで釣ることができるのですか?と質問を受けることがあるが、「間違いなく釣れます」。 実績はありです」と答える。

磯フカセチヌ釣りで本命7匹 好ゲストにマダイやイシダイも【徳島】さしエサいろいろ(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

当日も、釣友の渡辺さんはフグが多かったので、さしエサは練り餌チヌ一本で通して釣りましたと、良型のチヌを4匹仕留めていた。

次のページでいよいよ実釣スタート!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。