今さら聞けない「ワーム」のキホン:状況に応じたのカラーセレクト術

今さら聞けない「ワーム」のキホン:状況に応じたのカラーセレクト術

まったく関係ないという人もいるが、ライトゲームでワームのカラーは重要な要素である。今回は、シチュエーションに応じてどのようなカラーをセレクトすべきか解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

捕食パターン別カラーセレクト

最後に、アジやメバルが捕食しているものに合わせたワームカラーのセレクトについて。

プランクトンパターン

プランクトンは一般にほとんど色というものがなく、その密度にもよるが、基本は「点」のようにしか見えないはず。ならば、やはりクリア、そしてクリアラメ系がベースとなる。

ベイトフィッシュパターン

小魚を食べているアジ、メバルには、ソリッド系が効きやすい。しかしソリッドを見切るときには、クリア系にチェンジして、ヘッドウェイトで調整する。少し重めにして、縦や横にファストな動きでレンジを釣っていくと、釣れやすい。

今さら聞けない「ワーム」のキホン:状況に応じたのカラーセレクト術ベイトフィッシュパターンではヘッドウェイトも大事(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ワームカラーを楽しもう

以上、ワームカラーの選択について状況別の判断について解説した。小ざかしい話にも聞こえたかもしれないが、これは恥ずかしながら、筆者の趣味でもあるのだ。釣行ごとのワームカラーセレクトが、もう楽しくて仕方ない。事前からイメージを作りまくり、必ずお店で色を買い足すほどだ。本当にファッション感覚で、おしゃれに魚を釣ってやろう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。