博多湾『ライトテンヤタチウオ』釣りで指6本級頭に17尾【SEASON】

博多湾『ライトテンヤタチウオ』釣りで指6本級頭に17尾【SEASON】

加布里付近~博多湾でドラゴンサイズのタチウオが釣れていると聞き、4月1日に行ってきました。指幅6本サイズを頭に17尾の満足釣果を得たので、当日の釣行をリポートします。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ライトテンヤタチウオ

4月1日、中潮。加布里(福岡県糸島市)付近~博多湾でタチウオ、しかもドラゴンサイズが釣れていると聞いたので、居ても立ってもいられず行ってきました。

唐泊漁港(福岡市)から出船している遊漁船・SEASONの広田船長いわく「水深10mから30mの間で、ジグよりはテンヤの方が食いが良い」ということでしたので、テンヤにエサのキビナゴを用意して挑みました。

博多湾『ライトテンヤタチウオ』釣りで指6本級頭に17尾【SEASON】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

午前5時30分に出港。釣り場に6時ごろ到着して、30gのテンヤにキビナゴを巻いて落としていきますが、なかなかヒットがでないので、ウェイトを25gに落として再チャレンジ。

序盤からドラゴン登場!

着底からアクションを付けながら誘いを入れていくと、カツンと小さなアタリ。仕掛けを回収してみると、きれいにキビナゴを持っていかれてしまっていました。

再び仕掛けを落としていっても、やはりアタリが小さい!コツンと小さなアタリに神経を集中して、思い切りフッキング。グインと大きくサオがしなります。

博多湾『ライトテンヤタチウオ』釣りで指6本級頭に17尾【SEASON】良型ゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

ジジジジジジとドラグを出されながらも必死でやり取り。美しい銀色の魚体が見えてきました。抜き上げると、なんとドラゴンサイズに思わずニッコリ。

パターンつかんで連釣

一度ヒットパターンをつかめばこっちのものです。ただ巻きしたり、アクションを入れて誘いを入れて、アタリがでたら思い切りフッキング。グイグイと爽快な引きを楽しみながら、上がってくる銀色の魚体にうっとり。

博多湾『ライトテンヤタチウオ』釣りで指6本級頭に17尾【SEASON】タチウオは食味最高の人気魚(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

船長も「ちょっとやってみよう」とサオを持ってきました。「アタったよ」。しっかり食わせて上がってきたのは、これまた良型。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。