【東京湾2021】船カサゴ釣り初心者入門 手返しアップが釣果向上への近道

【東京湾2021】船カサゴ釣り初心者入門 手返しアップが釣果向上への近道

水温も上昇して、まもなく浅場のトップシーズンを迎える東京湾の乗合船カサゴ釣り。手返し良く釣果をアップさせるコツを解説します。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター菊池英則)

菊池英則

釣り&温泉ライター。元新聞記者。東京エリアの釣り事情にズバッと切り込みます!

×閉じる

船釣り エサ釣り

船カサゴ釣りのエサ

ここで、カサゴ釣りのエサについて考えてみます。

サバの切り身

カサゴのエサとして最もポピュラーなのはサバの切り身です。カサゴのエサの小魚のように銀色に光るため、主に昼間の乗合船では有効です。

サバの切り身にハリを刺す際は、必ず左右の中心に刺すことが大事。偏りがあると、サバの付いた枝スが回転して、仕掛けが絡み食いが悪くなります。

青イソメ

一方、午後5時頃から出船する夜カサゴ船では、青イソメがメインのエサになります。イソメ類は、暗闇で発光すると言われており、夜カサゴ釣りで効果を発揮するとされています。また、アジやキスなどの嬉しいゲストも期待できます。

ハゼ

夏場のカサゴ釣りでは、自分で持参するハゼの上アゴにハリを通して沈めると、格好のカサゴ用エサになります。ハゼは生きていても死んでいても構いません。普段カサゴが食べている小魚に近いほど、食いが良くなるようです。ハゼを釣ってから日数がある時は、冷凍しておき、クーラーボックスで解凍しながら使うこともできます。

カサゴ料理を堪能

無事、カサゴが釣れたら、ぜひ美味しくいただきましょう。

煮付け

定番料理の煮付けは、ウロコと内臓を取ったカサゴを、酒、みりん、醤油、砂糖で煮込む料理で、骨が多いカサゴでも、歩留まり良く食べることができます。

味噌汁

カサゴからは、美味しいダシが出るので、西洋料理のブイヤベースに使われるほどです。こうしたカサゴは、実は味噌汁にするとダシが出て、美味しく食べることができます。

【東京湾2021】船カサゴ釣り初心者入門 手返しアップが釣果向上への近道カサゴの味噌汁(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

沸騰したお湯でカサゴを5分程度煮込み、アクを取ってから、火を止めて味噌を溶きます。ネギを散らしても美味しいので、ぜひお試しください。

干物

煮付けに味噌汁と味わって、さらに余るような場合、干物にするのもオススメです。開いたカサゴを、海水程度の塩水に30分ほど浸けて、1~2晩干すと完成です。

このように、カサゴ釣りは、仕掛け作りから、オモリの移動方法、エサの選定と試行錯誤が必要です。そうして、苦労の末に味わえるカサゴ料理は絶品。まだカサゴ船に乗ったことの無い方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

<菊池英則/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。