『ジグキャスト』で9kg頭ヒラマサ3尾 シャクリの「間」がキモ【長崎】

『ジグキャスト』で9kg頭ヒラマサ3尾 シャクリの「間」がキモ【長崎】

長崎県の早福港の幸漁丸でヒラマサ、ブリジギングへ行ってきた。ジグキャストで狙い堂々たるヒラマサをキャッチした釣行をレポートする。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・末永駿也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ヒラマサ9kg浮上

午後1時をすぎた時、同じようなアクションでヒット。キャスト直後のアタリだった。最初はあまり引かず、同じようなサイズだと思い巻き上げてくる。グリップエンドを腰に持っていきゴリゴリ巻き始めた時、サオ先がいきなり海面に突き刺さるような強烈な引きに変わり、思わず声が出る。10kgくらいに設定したドラグが少しだけ出ていく。これはいったか。油断はできないがサオの強さを利用し、魚の頭を海底の方へ向けないようにコントロール。魚影は明らかに大きい。無事にネットイン。

船に上げられた後も堂々としたヒラマサ。タモ入れしてくれた船長から、「これがジグキャストのポテンシャルだよね」とグータッチ。残念ながら10kgには届かなかったものの、9kgのヒラマサに感謝。

『ジグキャスト』で9kg頭ヒラマサ3尾 シャクリの「間」がキモ【長崎】堂々たる春マサ9kg浮上(提供:週刊つりニュース西部版APC・末永駿也)

その後はサイズこそ出なかったが、コンスタントにヒラマサとハマチが釣れて納竿。10kgオーバーは次回以降に持ち越しとなったが、満足のいく釣行となった。

ぜひ、機会があれば春の大マサ狙いでジグキャストに挑戦してほしい。

<週刊つりニュース西部版APC・末永駿也/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
幸漁丸
出船場所:早福港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年4月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。