【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法

【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法

葉山沖のマダイが乗っ込みシーズンを迎えています。今回は、手こぎボートでのマダイの釣り方を解説します。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター秋山将平)

秋山将平

葉山の手漕ぎボート釣りでエギングにハマっています!!釣行シーンや料理動画等、YouTubeで配信しています。『ゆるゆる釣りタイムズ』もぜひご覧ください!!

×閉じる

船釣り ボート釣り

さしエサの「誘い」方

マダイは上から落ちてくるものに反応する習性があります。そのため、置き竿でマダイが食わない場合は、竿を1m程度持ち上げてゆっくり落としたり、糸を送り込んで1mタナを落としたりしてマダイを誘いましょう。

【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法竿を持ち上げて10秒ほど止め、ゆっくりおろして誘う(提供:TSURINEWSライター秋山将平)

さしエサを必ずチェック

マダイが食わない場合でも、さしエサの状態を見ることでマダイがいるのかエサ取りがまだいるのかを確認できます。具体的にはエサの状態によって以下の4パターンがあります。

全く残らない:エサ取りがいる。

ぐちゃっと崩れて残る:エサ取りがいる(フグの可能性あり)。

頭だけスパッと食われる:マダイ食【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法い(マダイのバイトを誘発できている)。

キレイに残る:マダイが食うまで待てていないか、エサ取り含め魚がいない。

【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法頭だけスパッと食われるのはマダイの可能性大(提供:TSURINEWSライター秋山将平)

海の状況の変化を感じ取る

さしエサの残る状態のチェックに加えて、海の状況の変化を把握することも大事になります。

魚は潮が動いているときに捕食します。仕掛けを回収する際に、コマセカゴの重みがあれば潮が流れており、ハリスを回収する際のハリスの角度でどのくらいの速さで潮が流れているのかをイメージしながら、魚に迫っていきましょう。

次のページはヒット後のやり取りについて解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。