【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法

【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法

葉山沖のマダイが乗っ込みシーズンを迎えています。今回は、手こぎボートでのマダイの釣り方を解説します。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター秋山将平)

秋山将平

葉山の手漕ぎボート釣りでエギングにハマっています!!釣行シーンや料理動画等、YouTubeで配信しています。『ゆるゆる釣りタイムズ』もぜひご覧ください!!

×閉じる

船釣り ボート釣り

マダイ仕掛け投入&回収

仕掛けの投入はとにかくハリスが絡まなければOK!一般的にはコマセカゴから投入してさしエサがついたハリスを落としていくのですが、どうしても投入が難しい場合はハリスから投入してもOK!ボート釣りのメリットを十分に活かしましょう!

【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法ハリスが絡んでいないことを確認する(提供:TSURINEWSライター秋山将平)

コマセカゴは水面から2m程の高さまでゆっくりと持ち上げる感じで振ります。筆者は6mハリスをメインで使用するので、「2mカゴを上げて、竿を下げながら2m分糸を巻く」。これを3回繰り返してハリス6m分コマセカゴを上げてくるようにしています。

【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法水面から2mほどの高さまでゆっくり持ち上げる(提供:TSURINEWSライター秋山将平)

仕掛けの回収もハリスが絡まないようにゆっくり上げましょう!次の投入の際に絡んでしまわないように注意してください。

【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法激しくシャクらず手を添えて持ち上げる感覚でOK(提供:TSURINEWSライター秋山将平)

コマセの振り方

コマセ釣りでは必ずと言っていいほど、序盤はエサ取りに邪魔をされます。マダイがさしエサを食う前にエサ取りにアタックされてエサが取られてしまっては、マダイを釣ることができません。

そのため、狙う水深よりもコマセカゴを高い位置で1度振って10秒ほど待ちます。つまりエサ取りを上のタナで撒かれたエサにおびき寄せた後で、再度マダイがいるタナへコマセカゴを落としてマダイが食うのを待ちましょう。

【2021春】手こぎボートから狙う「乗っ込み」コマセマダイ攻略法高いカゴ位置から手でゆっくり糸を送り込んでもOK(提供:TSURINEWSライター秋山将平)

次のページでさしエサの誘い方を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。