【北海道2021】船サクラマス初心者入門 代表的な3つの釣り方とは?

【北海道2021】船サクラマス初心者入門 代表的な3つの釣り方とは?

北海道に春の訪れを告げる風物詩「サクラマス」。今回は、船からの疑似餌を使った3つの釣り方を紹介する。

北海道のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

前島宣秀

年間釣行80日、北海道から沖縄まで食べたい魚は自分で釣り歩く、ダイワ大好き釣りバカオヤジです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

サクラマスの釣り方

サクラマスは非常にタナが重要な釣りである。このため、カウンター付きリールが好まれる。手巻きか、濁りがあり100m前後の深さの時もあるので電動リールでの釣行も良い。

いずれにしても船長からの指示ダナを丹念に探ることが重要で、釣り方はスロジギの釣り方で良い。

筆者おすすめ船宿

全道に渡って釣れるが、比較的SNSで情報発信が多い専門乗合船を出している船宿を紹介する。

勇別きりん:1月から3月であるが2月がメイン。3月中旬はキングサーモンも狙える。

岩別和王丸:Facebookへの発信が多い。3月中旬から春頃。

積丹REDMOON:3kgオーバーの板マスと呼ばれる大型が狙える。3月中旬から春頃。

羅臼希海丸:世界遺産知床をバックに楽しめる。厳冬下の12月下旬から4月頃までだが流氷が入ると出られない。

常呂つれたか丸:5月中旬から6月中旬頃までの限定。

<前島宣秀/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。