バスフィッシングで本命バラシもニゴイにナマズ【愛知・新川ワンド】

バスフィッシングで本命バラシもニゴイにナマズ【愛知・新川ワンド】

3月上旬、愛知県名古屋市北区の新川ワンドへバスフィッシングに出かけた。ポイントを新地蔵川から水場川へ移動して、ニゴイとナマズをキャッチした釣行をレポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

新川ワンドの状況

愛知県名古屋市北区の新川ワンドには、午後12時半ごろに到着。ここは1km南を流れる庄内川が豪雨であふれたときに、川の水を新川へ流すための場所で、スロープ下のワンドがポイントだ。

バスフィッシングで本命バラシもニゴイにナマズ【愛知・新川ワンド】新川ワンドのポイント風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

ポイントを見渡すと、先行者がスロープ下に1人、新地蔵川合流部に1人入っている。取りあえず偏光グラスで水中の様子をのぞいてみると、普段通りでウィードやブロック、水中に沈んだゴミが確認できた。

また水位も悪くなくマッディで、ストラクチャーが絡む場所は最高だろう。ただ先行者でしばらく入れないので、スティンな岸際とウィード周りを探ることにした。

当日のタックル

フラッシュ‐Jのジグヘッドリグ(ナチュラル系)をウィードの中、岸際のすき間へフリッピングしていく。着水したらロッドをシェイクしてローリングさせながら引いてくる。しかし、ギルがチェイスしてくるだけで反応はない。

バスフィッシングで本命バラシもニゴイにナマズ【愛知・新川ワンド】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

バスは痛恨のバラシ

次に新地蔵川合流部に移動。ここは流れが速く、ボトムにはウィードがびっしりと生えていて、ベイトフィッシュも多く魚影は濃い。新地蔵川からクリアな水が新川に流入しているため、その境界にはバスが潜んでいる。

その境界を探ってみると、境界を引いていたルアーが一瞬消えた。ロッドには反応はないが、ラインが横に走る。すかさずフッキングすると、濁りの中から40cmくらいのバスが姿を現した。しかし、足場が高かったため、突然のエラ洗いに反応できず痛恨のバラシ。

ガーグリングに65cmニゴイ

次に新地蔵川へ移動。ここはウィードやブッシュ、橋下のシェードや水路の流入が主なストラクチャー。ここで狙いめになるのは雨で濁りが入ったときが狙いめだ。

さてポイントを見渡すと、ウィードが繁茂しており、何か釣れそうな雰囲気。自作のスピナー(アピール系)を水面直下でガーグリングさせると、何かがルアーを引ったくり、そのままファイト開始。足元まで寄せてくると、65cmのニゴイだった。

バスフィッシングで本命バラシもニゴイにナマズ【愛知・新川ワンド】自作スピナーのガーグリングにニゴイがヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

水場川でナマズ狙い

その後は反応がなく、北名古屋市の水場川に移動してナマズを狙うことにした。水質はマッディで、水場橋上流は減水傾向。フラッシュ‐J(アピール系)を、水路の流入部と岸際のシェードへピッチング。ルアーが着水したらシェイクさせてローリングで誘う。

バスフィッシングで本命バラシもニゴイにナマズ【愛知・新川ワンド】北名古屋市を流れる水場川(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

次のページで60cmナマズ登場!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。