今さら聞けない『渓流エサ釣り』のキホン:仕掛け作り方とハリの選び方

今さら聞けない『渓流エサ釣り』のキホン:仕掛け作り方とハリの選び方

今回は渓流エサ釣りの仕掛け作成について解説。基本のライン、目印、オモリ、ハリについて注意点や選び方を紹介しているので、ぜひ渓流釣行の際の参考にしてほしい。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

渓流エサ釣りのライン

天上イトはサオ先との接続、サオ絡み防止、仕掛けの飛ばし易さ、木枝へのイトがらみや補強のために必要。細い水中イトよりも一段太いイトを使用する。水中イト0.2号以下の細イトならば0.3号のフロロカーボンライン。0.25~0.4号のノーマルな水中イトだと0.4~0.6号を使用している。余計に太くし過ぎると風抵抗もあり、操作や釣果に影響するので注意したい。

今さら聞けない『渓流エサ釣り』のキホン:仕掛け作り方とハリの選び方タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

水中イトはハリと直結するイトで仕掛けイトの中心となっている。初心者には0.25~0.3号の根ズレに強く、比重のあるフロロカーボンラインの水中イトが扱いやすいと思う。ナイロンイトは伸びがあるのは良いが、水を吸収するので劣化も早い。

私の場合は、季節、魚のアベレージ、狙うサイズによって号数を使い分けている。掛かるサイズが20cm前後なら0.125~0.15号、27cm前後や石が大きい釣り場なら0.175号~0.2号、源流域や本流で大物狙いだと0.3~0.4号のフロロカーボンラインのイトを使用している。

目印

アタリや川底の変化を察知するための目印。セロハンや羽根状など様々な種類が販売されているが、毛イト状のピンク、オレンジ、グリーンを使用するのが一般的。細みの目印を使いすぎると目視しづらいので、ノーマルな太さが良いだろう。私は水中イトに毛イト目印を3回編み込んでいる。

オモリ

G4~2Bのガン玉を揃えておきたい。銀色のガン玉より濃いダークグレーのガン玉の方が軟らかく純度のあるものが多い。また、ゴム張りのガン玉もあるが、浮力があり、よく外れやすく高価であることを留意しておきたい。

今さら聞けない『渓流エサ釣り』のキホン:仕掛け作り方とハリの選び方編み込みでオモリガード作成(提供:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

ガン玉を直接水中イトに取り付けると水中イトに傷が入るので、アユ用品の編み込み器を使用し、0.2~0.3号のPEラインで20回前後編み込んでオモリガードを作成している。

今さら聞けない『渓流エサ釣り』のキホン:仕掛け作り方とハリの選び方編み込み(作図:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

渓流エサ釣りのハリ

魚と唯一接触する釣りバリ。渓流バリも様々な形状があり、私も長年悩まされた。メーカーによっても号数の大きさが異なっている。とにもかくにも、釣りエサに応じた大きさのハリを使用してほしい。エサよりも大きくはみ出たハリは魚に見破られるし、エサに隠れてしまった小バリはバラシの率も高まる。

今さら聞けない『渓流エサ釣り』のキホン:仕掛け作り方とハリの選び方変形漁師結び(作図:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

一般的に袖型と狐型の形状に分けられる。袖型は掛かりも安定し、川虫との相性も良い。ヒネリの入った狐型は、ブドウ虫・ミミズ・クロカワ虫などの長物のエサとの相性が良く、流し切りに反射食いするような渓流魚に対してもバレが少ない。

<週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年4月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。