春の乗っ込みマブナ好釣り場:新八間川 型も数も狙える好機【千葉】

春の乗っ込みマブナ好釣り場:新八間川 型も数も狙える好機【千葉】

今回紹介する千葉県香取市を流れる新八間川は、"シンパチ"の愛称で親しまれている。放流は途絶えてしまったが、乗っ込みとなる春先は、数・型ともに狙える好フナ釣り場だ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

春先は数・型が狙える

千葉県香取市を流れる新八間川は、最上流部が同県香取郡神崎町で利根川と、最下流部が香取市(旧佐原市)で大須賀川に繋がる、流長約8kmの一級河川。佐原向地を代表する釣り場で”シンパチ”の愛称で親しまれている。

以前はヘラブナが放流され、観光協会主催の釣り大会も行われていた。しかし、放流が途絶えると釣り人が減り、近年はブラックバスを狙う人が多い。

それでも乗っ込みとなる春先は、数・型ともに狙えるので、多くのフナ狙いの人が押しかけてくる。

ポイント

上流~下流にかけて深くなる川で、春先は上流部に人気が集中する。

川尻橋周辺

春の乗っ込みマブナ好釣り場:新八間川 型も数も狙える好機【千葉】3つの水路が流入する川尻橋付近(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

万世排水路・大須賀のホソ・川尻のホソと3本の水路が流れ込み、水の動きがあって魚が集まるポイント。とくに春はこの水路に乗っ込む魚が多く、気配があればこれらのホソ狙いも面白い。

水路は浅く、水深50cm~1mほど。短竿での流心狙いか、12~13尺の竿で対岸の際を狙う。各水路の吐き出し付近や川尻橋下流の南岸がお勧めで竿は8~13尺で、水深1m~1.5mほど。

川尻水門~平成橋

春の乗っ込みマブナ好釣り場:新八間川 型も数も狙える好機【千葉】人気ポイントの川尻水門(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

年間を通して釣り人が入るポイントで、水深約1.5m。竿は10~13尺がいい。

昭和橋

春の乗っ込みマブナ好釣り場:新八間川 型も数も狙える好機【千葉】犬走り護岸が続く昭和橋下流の南岸(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

水道管が目印の人気ポイント。昭和橋下流の南岸は犬走り護岸が続き、足場がいい。車を背後に止められるのも人気の一つ。水深1.5~2m強。所どころにある小水路の吐き出し口が人気で、竿は8~13尺。

開発橋

春の乗っ込みマブナ好釣り場:新八間川 型も数も狙える好機【千葉】護岸化されている開発橋北岸(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

開発橋下流の北岸は護岸化されて足場がよく、手前から沖にかけて明確なカケアガリになっている。水深2m強。水深があるせいか、この時期に狙う釣り人は少ない。竿は12~15尺。

機場周辺

春の乗っ込みマブナ好釣り場:新八間川 型も数も狙える好機【千葉】下流の機場前(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

最下流部。ワンド状に開けた場所があり、多くの魚が溜まるポイント。駐車スペースは少なく、近年は外来藻のナガエツルノゲイトウが大繁殖して、狙う場所は限られる。

水深は平均して2mほどで、竿は10~15尺。水深があるせいか、乗っ込み後に落ちてくる魚を狙いたい。

釣り方

両グルテンかグルテンセットの底釣り。ミチイト1~1.2号。ハリス0.5~0.6号。ハリはダンゴバリ4~6号。

農繁期になるこれからは、水位の増減や、機場の稼働で強く流れる場合がある。ハリスオモリや0.3~1.5号の中通しオモリを準備しておこう。

なお、機場は水位が高くなると稼働し、一気に水位を落とす。その際ガンガン流れになるが、1時間前後で流れは止まる。

<週刊へらニュースAPC・中村直樹/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
新八間川
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年3月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。