【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参

【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参

玄界灘エリアからオフショアルアーの最新釣果情報が届いた。青物好調で14~15kg級ブリ&ヒラマサ多数浮上。乗っ込みマダイも開幕の気配。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:優)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

海龍丸

3月9日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港の海龍丸の案内で芦屋沖~玄界灘方面へジギング・電動ジギング便で出船したメンバーはブリ最大15kgに10kg前後は数上がり好ヒットを楽しんだ。時折、良型ヒラマサを交えながら、青物入れ食いタイムも堪能するなど強烈な引きを味わった。今後もジギング、電動ジギング便にてヒラマサ、ブリ狙いで出船。

【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参大型ブリ多数キャッチ(提供:海龍丸)
▼この釣り船について
海龍丸
出船場所:柏原漁港

海遊丸

玄界灘のジギングではブリに釣果ムラが出ている。3月9日、福岡市西区姪浜の姪浜能古島渡船場から宮ノ浦の海遊丸が出船。船長は「メタボなブリ~ヤズ40尾、ヒラマサ~ヒラゴ9尾、タカバ、マダイ、ボッコなど。トップは12尾でクーラー満タン」とのこと。

【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参メタボなブリにヒラマサなどで大釣り(提供:海遊丸)
▼この釣り船について
海遊丸
出船場所:姪浜能古島渡船場

幸風

3月9日、福岡市中央区港のかもめ広場前から幸風が玄界灘のジギング・電動ジギングに出船。ブリ7kgを頭にヒラマサ5kgやワラサ(中型ブリ)で船中40~50尾。これからマダイのシーズン。タイラバ・大型根魚狙いでも出船。

【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参ジギングでブリやヒラマサなど青物好調(提供:幸風)
▼この釣り船について:幸風
【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参

日吉丸

3月5日、福岡市中央区港のかもめ広場前から日吉丸が玄界灘のジギング~タイラバに出船。朝はジギングでワラサ(中型ブリ)の引きを楽しみ、タイラバではマダイを3kg頭に数キャッチ。船長は「もう乗っ込んできようね」と春シーズンに入ってきていることを話した。

【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参タイラバでマダイ手中(提供:日吉丸)
▼この釣り船について
日吉丸
出船場所:中央区港

第一ゆひな丸

第一ゆひな丸は2船体制で出船中。

どらごん

3月9日、福岡市中央区港のかもめ広場前から、どらごんが玄界灘の青物狙いで出船。ジギングでキャッチされたのは13~14kgのヒラマサ。ワラサ(中型ブリ)、ヒラマサ3~4kg交じりで土産をキャッチ。これからマダイが大型狙いのシーズン。タイラバ・大型根魚狙いで出船し、一緒にジギングも可能。

【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参ジギングでお土産ゲット(提供:どらごん)

ふぁるこん

3月5日、福岡市中央区港のかもめ広場前から、ふぁるこんが玄界灘のタイラバ・ジギングに出船。タイラバをメインにジギングも楽しみ、マダイは3kgクラスを含めて6尾。青物はワラサ(中型ブリ)サイズを主体にブリ6kg交じり40尾くらい。船長は「ワラサはタイラバにもヒットしており、マダイは乗っ込んできた」と話していることから、春の大型マダイ狙いは大いに期待。

【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参春の乗っ込み開幕で良型マダイ狙い目(提供:ふぁるこん)
▼この釣り船について:第一ゆひな丸
【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参

2月28日、福岡市中央区港のかもめ広場前からが玄界灘のジギング・キャスティングゲームに出船。今シーズン、初の春マサ狙い。キャスティングゲームで14.23kgと11.5kg、ジギングで12.42kgのヒラマサが船上に取り込まれ、幸先のいいスタートを切った。

【玄界灘】沖のルアー最新釣果 10kgオーバー春の大型ヒラマサ見参10kg超えヒラマサ(提供:優)
▼この釣り船について

出船場所:中央区港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年3月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。