『フカセクロダイ釣り』ステップアップ解説:強風時の仕掛け操作術3選

『フカセクロダイ釣り』ステップアップ解説:強風時の仕掛け操作術3選

クロダイのフカセ釣りでは「風」が最も厄介な相手です。特に強い横風は仕掛け操作で対処しきれないこともあります。今回は、強風時の仕掛け操作について解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

強風時の仕掛け操作

ではそんな強風時に、どう対応すればいいかを紹介します。

1.ラインメンディング

フカセ釣りでは必ず覚えておきたいライン操作で、風下側に流されてしまったラインを風上側へ置き直します。風が強くない状況でも使う動作ですが、強風時には必須とも言える特に重要な動作です。ラインメンディングはエギングなど他の釣りでも応用できる技術なのでしっかり身につけておきましょう。

『フカセクロダイ釣り』ステップアップ解説:強風時の仕掛け操作術3選風で流されたラインを風上側へ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

2.ラインを水中に沈める

海面に漂うラインを水中に沈めることで風の影響を受けにくくするテクニックで、特にサスペンドタイプのナイロンラインや高比重PEラインで有効です。仕掛けを投入後、穂先を水中に入れて少しリールを巻き取るとことでミチイトが真っ直ぐの状態のまま水中に沈みます。沈め釣りと併用すると強風時に効果絶大です。

『フカセクロダイ釣り』ステップアップ解説:強風時の仕掛け操作術3選ラインを水中に沈めるのも有用(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

3.オモリを追加する

ジンタンの5号から8号などの小さなオモリを追加で装着することで、ウキの余浮力を減らして風の影響を受けにくくします。オモリが追加されることで仕掛けが安定しやすくなるメリットもあるので、強風時には積極的に極小のジンタンオモリを活用しましょう。

<杉本隼一/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。