青森県陸っぱり好釣り場:むつ小川原港 県内屈指の一級ポイント

青森県陸っぱり好釣り場:むつ小川原港 県内屈指の一級ポイント

青森県太平洋側が誇る一級ポイントの一つに、「むつ小川原港」がある。一年を通して様々な魚を釣ることができ、港内は足場もいいのでファミリーフィッシングにもおすすめだ。

青森県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター トラヤヨウスケ)

トラヤヨウスケ

青森県で活動するWebライター。 年間釣行日数200日超えのアジング大好き30代です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

むつ小川原港

むつ小川原港は初心者から上級者まで幅広い層が楽しめ、足場がよくファミリー向きでもある。

青森県陸っぱり好釣り場:むつ小川原港 県内屈指の一級ポイント釣り場風景(提供:TSURINEWSライター トラヤヨウスケ)

春はチカやウミタナゴの小物狙い、夏はハゼやアイナメ、秋はイナダの回遊を狙うのも面白い。冬は足元でソイやドンコが釣れ、年明け早々の1ヶ月間は通称”尾駮ニシン”が狙える。

足場のいい港内

青森県太平洋側でも有数の規模を誇る漁港で、足場が良く1年を通して釣り人が竿を並べる。港内は車の横付けができることもあり、シーズン中の週末ともなれば早朝から場所取りをしなければ入れないほど混雑することも。

青森県陸っぱり好釣り場:むつ小川原港 県内屈指の一級ポイント港内は足場が良い(提供:TSURINEWSライター トラヤヨウスケ)

鷹架沼の河口周り

カレイ狙いで人気のポイントだが、手前側がかなり浅く根が多いのでルアーを使う時は要注意。港内やC岸壁がいっぱいでも空いていることがあるので、装備やターゲットによってはチェックするといいだろう。

青森県陸っぱり好釣り場:むつ小川原港 県内屈指の一級ポイントカレイが狙える(提供:TSURINEWSライター トラヤヨウスケ)

C岸壁

漁港のちょうど対岸にあるC岸壁は、港内に入ってきた魚を狙うのにピッタリ。足元から深さがあるので、大抵の釣り方で根がかりの心配がないのも嬉しい。

青森県陸っぱり好釣り場:むつ小川原港 県内屈指の一級ポイント根がかりの心配ナシ(提供:TSURINEWSライター トラヤヨウスケ)

白灯台周辺

消波ブロックやキワに良型のソイやアイナメがつく人気ポイント。港内やC岸壁に誰もいない日でも、こちらでは誰かしらが竿を出していることが多い。秋から冬にかけてはイカの回遊に期待できる。

青森県陸っぱり好釣り場:むつ小川原港 県内屈指の一級ポイントイカの回遊も(提供:TSURINEWSライター トラヤヨウスケ)

注意点

釣行時はライフジャケットを必ず着用し、釣り方にかかわらず隣の人とはある程度の距離を保つようにしよう。

青森県陸っぱり好釣り場:むつ小川原港 県内屈指の一級ポイント安全第一で釣りを楽しもう(提供:TSURINEWSライター トラヤヨウスケ)

マナーを大切に

どの釣り場でもよく見かけるのが、後から来た釣り人が割り込んでトラブルになるケースだ。また、ゴミのポイ捨てや釣りの後始末をしなかったりでトラブルになっているケースも少なくない。

一部の釣り人のマナーが悪いせいで釣り場は全国的にどんどん減っているので、むつ小川原港を釣り禁止ポイントにしないためにもマナーある行動を心がけたい。

冬場は白鳥に気をつけて

冬の間、鷹架沼には白鳥が飛来する。時には河口付近まで来ることもあるので、気にせずキャストしているとルアーが当たったりラインが絡んでしまうことも。

白鳥は警戒心がかなり強いのでそこまで心配する必要はないが、もしも見かけたら少し意識して投げる方向を変えるなどすることがトラブル防止につながるはずだ。

次のページで好ターゲット「尾駮ニシン」を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。